Top
2005年 06月 18日 ( 2 )
Just like me, they long to be "Close to you"
サワーかなにかのアルコールのCMで、少年ナイフがカバーした『Top of the world』が使われていますね。

If I Were a Carpenter / Various
Various Artists




数年前、sonic youthと少年ナイフが参加しているので買ったこのCD。
久しぶりに聞こうかなと思いました。

1.愛にさようならを(アメリカン・ミュージック・クラブ)
2.トップ・オブ・ザ・ワールド(少年ナイフ)
3.スーパースター(ソニック・ユース)
4.遥かなる影(クランベリーズ)
5.ふたりの誓い(ベティー・サーヴァート)
6.小さな愛の願い(ディッシュワラ)
7.ソリテアー(シェリル・クロウ)
8.ハーティング・イーチ・アザー(ジョネット・ナポリターノ&マーク・モアランド)
9.イエスタデイ・ワンス・モア(レッド・クロス)
10.星空への旅立ち~コーリング・オキュパンツ(ベイブズ・イン・トイランド)
11.雨の日と月曜日は(クラッカー)
12.あなたの影になりたい(マシュー・スウィート)
13.動物と子供たちの詩(4ノン・ブロンズ)
14.愛のプレリュード(グラント・リー・バッファロー)


邦題だとわけわかんないな。
carpentersの曲のなかでは、『Close to you』がいちばん好きです。
[PR]
by lookingglass | 2005-06-18 16:26 | Others
"でんきを消して、スローな夜を"
100万人のキャンドルナイト


(呼びかけ文のコピーです)
-------------------------------------------------------------------------------------
私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2005年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいに電気をけしましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見するプロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、電気を消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

2005年、6月21日、夏至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。
-------------------------------------------------------------------------------------


今年のイメージキャラクター(?)のひとり、湯川潮音ちゃん。
潮音ちゃんといえば、原田郁子さんのライブでゲストととして登場したとたん、髪を結わえていたゴムが切れたらしく「切れちゃった・・・」とつぶやいていたのが可愛らしかった。
けっきょく、ほどけた髪のまま歌っていたな。
彼女の歌は、Polarisのcontinuity(2003/12/23)でも聞いたことがあります。
こんど、CDも聞いてみたいな。
[PR]
by lookingglass | 2005-06-18 11:22 | Others