Top
数年前の自分の行動を知るところ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2006年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
BUMP OF CHICKEN at 幕張メッセ 1/29 sun.
一昨年のRSRでいちおう見ていたものの、もう一度彼らのライブをよく見てみたくて、試しにe+のプレオーダーに申し込んだら当たりました。チケットを買えたことにまず驚いた。

きっと、ふだん聞く他の音楽とは違う意味で、あたしはバンプの音楽を好きだと思う。
ライブに行きたいという気持ちはあんまりないし、たま~にCDで聞くことができれば満足で、彼らが出演したTV等はほとんどチェックしていない。

でも、彼らの曲をとても好きなのは本当で、彼らの曲しか聞けなかった時期もじつはある。
だから一度はワンマンライブを観てみたいと思っていました。

----------------------------------------------------------------------------------------------
会場に入って、あまりの人の多さ規模のデカさに驚いてしまった。
それだけ、たくさんの人が彼らの音楽を好いているということなんだなあと思った。

そしてライブ中は、こんなに大規模になっているのに(千葉のライブハウスでやってた頃もこんなふうにライブをしていたのかな)って想像した。
そんなふうに思うくらい、お客さんに伝えようとしてる姿にみえた。

藤君は「ありがとう」と「気分がわるいひとは、横のほうでもぜったい聞こえるから横でやすんで」(←正確ではないと思う)と、とにかく何回も言っていた。
歌以外ではこの他に伝えたいことはなくって、彼の歌を聞く人のことをとにかく大切に思っているんだろうと思った。

ステージの上にはモニターが設置されており、四分割でメンバーそれぞれを追う映像が映されていました。設置位置からしても、後ろのほうのお客さんのことも考えてなんだろう。

最初に好きになった曲="ダイヤモンド"を聞くことができて嬉しかった。
あとね、RSRでいまいちピンとこなかった"fire sign"、むしょうにいい曲だと思った。



帰り道で、お客の女の子が
「生きててよかった、今日ライブに来れてよかった、耳が聞こえてよかった」
と言っているのが聞こえた。
そんなふうに好かれているなんてすごいと思いながら、自分はそこまでの感情をもてないということに少し気付いた。
途中、カルフールにあるスタバで熱い飲みものを買って、飲みながら総武線の駅まで歩いた。いい運動になった。
[PR]
by lookingglass | 2006-01-29 23:59 | MUSIC(-'07)
"メゾン・ド・ヒミコ"
去年の11月に飯田橋ギンレイホールのシネマクラブ会員になった。
いまのところ観に行くのはほとんど土日だけれど、今日はいつもより少々早めに退社して行ってみた。

『メゾン・ド・ヒミコ』を見るために、だ。

この映画を見るのは二度め。
秋頃の公開時に別の映画館で見た(※ギンレイは一般の映画館より遅れて作品を公開するのです)。そのときは「なんだかよくわからないなあ」というのがあたしの感想だった。
いま思うと、監督と脚本家の前作(ジョゼと虎と魚たち)の印象のまま、主要登場人物の沙織と晴彦との恋愛が中心のお話なのかなと勝手に考えていたからだと思う。

なのに、どうしてわざわざ二度めを見に行ったのかというと、ギンレイの上映スケジュールが書かれた小冊子(ギンレイ通信)で、この映画の脚本家、渡辺あやさんの文章を読んだから。

(ここでその文章を転載するのはよくないと思うので)ほんとうに簡単に言ってまうと、渡辺さんはこの映画で「ムーミン谷」のような場所を描きたかったようです。

その文章を読んだら、この映画に対してとつぜん納得がいった。
そして、このことを知ったうえでもう一度見たい、と思ったのでした。

程度の差はあれ、たいがいは生きづらそうな登場人物たちとか。
それでも面白味があるエピソードの数々とか。

とくに好きなシーン
・メゾン・ド・ヒミコの住人達がお盆の夜に皆で歌うところ。

・最後のほうのバス停まで歩くときに沙織が泣いたところ。
全体を通して(本来はすんごい美人なのに)ブスな表情全開の柴咲さんが、とりわけ可愛く見えたシーンでした。
ディスコで喧嘩する沙織も可愛かったなあ。


----------------------------------------------------------------------------------------------
『ジョゼと虎と魚たち』も、また見てみようかなという気持ちになりました。
公開時には、あんまり苦しいのでもう見たくないと思ったくらいに泣いて、それからもテーマ曲のハイウェイ(くるりの曲)を聞くたびに条件反射で泣いてしまう。
大好きだけど、もう見たくない映画になっていた。でも、今ならまた違った感想を持つかもしれない。


メゾン・ド・ヒミコ公式サイト
[PR]
by lookingglass | 2006-01-26 23:59 | Others
"うつくしいとおもうものは なんでもわたしのものに できる と あなたはいう"
湯川潮音さんのメジャー1stアルバム、その名も『湯川潮音』
きょう買いました。

くりかえし、家のなかで聴き続けていたくなります。
なんて心地のよい世界なんだろう。


これはシングル"蝋燭を灯して"のジャケット。
[PR]
by lookingglass | 2006-01-25 21:51 | Others
BRTISH ANTHEMS at STUDIO COAST 1/21 sat.
BRTISH ANTHEMS

先日会員になったクリエイティブマンのご招待に、試しに応募したら当たっちゃいました。
(まず最初に、これで会費1年分のもとが取れた...とか考えてしまった)
当選メールが来たのが前日。同伴者も1名OKとのことで、あわてて友達にあたってみた結果、友達の友達が一緒に行ってくれることに。せっかくだしもったいないものね。
この日は朝から降り続く雪で、京葉線は動いてるかな?と心配していたら、10分程度の遅れで運行中。よかった。(それでも待ち合わせには遅れてしまったからいいともいえない)

会場に着いたら、メインの"LONDON STAGE"ではDUSTIN'S BAR MITZVAHが演奏中。
少し観てから、もうひとつのステージへ行ってみました。
案内のまま進んでいったら、え-?外?

もうひとつのステージ="LIVERPOOL STAGE"は仮設テントのような場所で、情け容赦なく外の空気が入ってくる。ってか外!寒い寒い寒い。
しかもステージではセッティング中だったので、すぐにまたLONDON STAGEへ。

TEST ICICLESを途中まで観る。
(もんのすごくいいかげんな感想)刺激少なめのATARI TEENAGE RIOTみたい。
メンバー3人ともボーカル(というかMCというか)を担当したりして面白いし、もうひと押し、なにかがあればすっごくよくなりそう。

知っているバンドがほとんど出ないなか、唯一、絶対に見たかったのがaM
「アム」って読むらしいです。
ずっと「エイエム」だと思ってた…間違えていろんなひとに言ってしまいました…

SUPERCAR解散後のコウダイくんを見るのは初めて。彼のあらたな活動ということで気になっていたのもあるし、なによりwalrus/oakのカオルさんがサポートメンバーとして参加されるとのことで、楽しみにしていました。

リズム。
エレクトロ?っていうのかな?
聞いているうちにどんどん気持ちがよくなってくような音楽でした。
楽しかった!

スタジオコースト入り口あたりには、このイベント用に出店が出ていました。
お店の前のテントで、ストーブにあたりながらカレーうどんを食べた。

おくれてきた友達と合流して、少したったら、THE DEAD 60'Sのライブがスタート!
1、2曲「あ、聞いたことある」って曲があった気がする。
このあとも用事があったので最後まで観るか迷ってたけど、結局見ちゃいました。

用事があったので、ここであたしは帰り。雪が積もっているなか、ほとんど人通りのない道を
駅まで歩いた。
この辺は工場とかばっかりで、なんだかますます非現実感。


関東では珍しく、けっこうな雪のなかでのイベント。
なんだかその天候も非日常のようで、冬のちいさなフェスだなって少し思った。
けっこう楽しかった。
[PR]
by lookingglass | 2006-01-21 23:59 | MUSIC(-'07)
日々雑感
久しぶりに日記です。

・携帯電話が壊れそうです。
メモリが足りないPCみたいに、ボタン押してもうごかない→しばらくたつと動く、ときもある
動かない場合は電源を切る(ちなみに電源も切れない場合はほっとく)

これどうにかしたら直るの?機種変更?

・数ヶ月ぶりににNO●Aに行きました。
ポイントが100以上残っているのに有効期限が来月。使い切れない。
3ヶ月以上間があくとレベルチェックをするのですが、意外にもレベルは以前と変わらず。
えー。マジで。えー。
「今まででいちばん楽しかったバカンスは?」と先生に聞かれ、英語でとなると表現できないのでとりあえず「去年のフジロック」と答えました。するとさらになにを見たのか聞かれたので、(なるべく有名そうなのを選び)(ほんとは見てないのに)「・・・COLDPLAY」と答えたら、先生がCOLDPLAY好きだった。2ndが特によい!と熱くなってらっしゃった。
これがレベルチェックの評価を上げたのではないだろうか。
[PR]
by lookingglass | 2006-01-19 22:13 | Others
ザ・ショーケースvol.8 -アドレッセンス/アンビバレンツ at uplink factory 1/15 sun.
tokyofunparty presents...正直いってキセル目当て、とゆーより他の出演者さんをみんな知らないで行きました。そのわりには全体的に楽しいイベントでした!

UPLINKが移転してから初めて行った。道が合ってるかちょっと不安になった頃(方向音痴コンビ...)に発見。
当日券を買うために開場よりちょっと早めに行ったので、少しのあいだTABELAでお茶を。イベントのチケットを買ったときに割引券をもらえた。なんとなく雰囲気がいいとこでした。も少し駅に近かったらUPLINKに用事なくても来たいな~。でももっと近かったら混むんだろうな~。


・中村暁
入る前から演奏が始まっていた、ギター弾き語りの彼。
数曲、リズムをmondo coffeeのPCで出してもらってましたね。
ヒライケンって!手拍子って!

・mondo coffee
普段は二人らしいのですが、この日はお一人で。

バンドとバンドの間もPCでDJみたいに音楽をかけ、いろいろ遊びを足したりしていて楽しかった。細野さんのぱらいそ~♪もかけてらっしゃいました。

・チミドロ
2MC(?)+ベース+いろいろ(PC使ったり)の方々。
本人達もわかってるかんじのグダグダ感が、見ていてとても面白かったです。
マイク3本持たされてたり。

・SL@yRe&TheFeminineStoolξ
外のカウンターでジュースを飲んでたりしたので、全部は観てないのです。
暗いレイハラカミさんみたいでけっこう好き。
(と思ったらハラカミさんの前座をやられたことも以前にあるみたいですね)

・キセル
よかった。よかった。ふたりの声が大好きです。
"ベガ"がとくに好き。
そして、アンコールもやってくれました。
やる予定ではなかったぽく、なにやるかしばし悩まれてから"ハナレバナレ"を。
聞きたかったから、すごく嬉しかった!
[PR]
by lookingglass | 2006-01-19 19:32 | Kicell
"スクールデイズ Schooldaze"
なんとも鬱屈とした話...いじめやらゆがんだ家族やら。
そのなかにも笑いが各所にあるといいますか。
ラストに少しいいところ...家族が再生していくきざしがあってよかった。
これは、家族のお話だと思いました。

あと、オオヤさんの音楽☆がやはりよかったです。
[PR]
by lookingglass | 2006-01-15 23:59 | Others
ホテル・ルワンダ
数年前、たまたま深夜にN○Kを見ていて知ったルワンダの事件。
そして昨日、NH○(しつこい?)の夜のニュースで、映画『ホテル・ルワンダ』についてのお話が取り上げられていました。
見に行きたいです。

シアターN
[PR]
by lookingglass | 2006-01-12 12:33 | Others
ほほー
ブンブンサテライツ、プロディジーのZepp Osaka公演(2/14 tue.)にも参加が決定のようですね。

わ。バレンタインじゃん。

さすがに大阪は行けないナァ。

え?大阪「は」?

※ぜんぶ独り言です
[PR]
by lookingglass | 2006-01-11 21:10 | Boom Boom Sattelites
渚音楽祭・春2006

ひさびさにAUDIO ACTIVEを見たいし、早割引だとめちゃくちゃ安いし、行きたいです。今年の初フェスティバルとなるでしょうか??
[PR]
by lookingglass | 2006-01-09 16:19 | FESTIVAL