Top
数年前の自分の行動を知るところ。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2005年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
年の瀬の
羽田空港
c0050729_16595428.jpg

部屋のなかの電気も写っちゃった
[PR]
by lookingglass | 2005-12-31 16:59 | Others
COUNTDOWN JAPAN 12/30 at 幕張メッセ
14:30すぎに到着。

☆曽我部恵一バンド
ハッピーかつピースフルなステージ。"テレフォン・ラブ"でのお客さんとの強引なかけあいが(ふだん行くライブではほとんどありえないので)新鮮で楽しかった。もちろん歌いましたよ。

☆スネオヘアー
"ワルツ"でスタート。あとは"フォーク"が聴けてうれしかった。
あいかわらず喋りが好調。
鉄拳のマネ(?)『こんなフェスはいやだ』→『客がいない』『ステージの鉄骨が抜かれている』


ここでかなり早めの夕食、もしくは遅い昼食。
みなとや...ではなく、通路をはさんだその隣のお店でしょうが焼き丼(男らしい)と梅ジュース。
梅ジュース、今年は濃かった。

友達がグループ魂のステージへと走り去ったあと、ひとり梅ジュースを飲んでいたらキリンジ兄弟が目の前を通り過ぎていった。いつもブロスの連載読んでます!あまりにも面白かった回はとってあります!たしか本も出たんですよね~ と心の中で思う。


HIFANAの準備中、ステージ袖でドラムセットを叩く岸田さんが見えた。かまどうまで叩くのかしら?

☆HIFANA
ステージの都合上VJなしかなあと思ったら、巨大スクリーン+大画面TVみたいなモニターが登場。
かーっこよかったー!楽しかったー!!
HIFANA観れただけでもじゅうぶんだと思っちゃったくらいでした。
最初がFRESH PUSH BREAKIN’で最後がワモノだった。あとなんだっけ?

☆Theかまどうま/エレクトリック・カマドウマ
お客さんがたくさん。演奏した曲...

息子(だっけ?奥田民生の)
LUCKY(SUPER CAR)
曲名忘れた(英語の歌)
竹田の子守唄(京都の民謡)

最後の最後にドラムセットが登場し、岸田さんが叩いていましたとさ。堀江さんがギター、で、たぶんこれがエレクトリックカマドウマ。

☆MO’SOME TONEBENDER
(曲順は自信ないです)
凡人のロックンロール
ロッキンルーラ
No Way City
アンハッピー・ニューエイジ
ペチカ
ばちかぶれ
Have you ever seen the stars?
13 HOT DOGS

(アンコール)
GREEN&GOLD

最高!!
2曲目のロッキンルーラでお客がもっとも激しくのった気がする。やっぱ新しい曲だから?
Pixiesのときとけっこうセットが違っていたし、なによりお客さんの盛り上がりかたがすごくて楽しかった。
Have you~は何度聞いても好き。屋内だからもちろん空は見えないんだけれど、歌詞に合わせて夜空を思い浮かべたりして。
13~での武井さん。いったん袖に消えたあと、なぜかパイプイスをもって再登場。バンバン床に叩きつけたりしていたご様子(よく見えなかった)。プロレス!
さらにその後ステージから降りてベースを弾いていたみたい。
あたしからはまったく見えませんでした。お客の腕にまざってベースのヘッドが見えた。

アンコール前にいったん彼らが袖にひいたとき、百々さんか武井さんが投げたピックが!目の前に!落ちてたのに!手が届かなかった...

百々さんが最後に「楽しかった」って言っていました。それ聞いたらますますうれしくなった。

----------------------------------------------------------------------------------------------
CDJの前日にもPolarisの『カゾクカイギ』でセットリストをもらったりキセル兄弟にサインいただいたり、さらにその前の日にも湯川潮音さんのライブに行ったりしているのですが、それはまた後日。

今年もいろいろなことがありました。
仲良くしてくださったかた、少しでもご縁があってお話できたかた、みなさんにありがとうを。
よいお年をお迎えください!
[PR]
by lookingglass | 2005-12-31 14:41 | FESTIVAL
Family Meeting 2005 ~納会ナイト at UNIT~ 12/29 thu.
ポラリス ノ カゾク カイギ


すっかりメモを残すのが遅くなってしまいました。

なぜかというと、書きたくなかったわけではなく、なにを書けばいいかわからなかったから。

宮田まこと
宮田さんはPolarisのサポートで見てて、とってもうまいなあといつも思っていました。
だから、いちどは彼自身の音楽を聞いてみたかったので嬉しかった。

mi-gu
けっこう好きなかんじ。
歌というよりポエトリーリーディングのよう。
PVとかVJもかわいらしかった。

キセル
ライブを見たのは初めて(ご本人たちは9月のPolarisのライブで"渚でカーブ"のとき見た)。
むちゃくちゃいい!
基本的に二人で演奏(ギターとベースと機材)してるんですが、それ以上の広がりがある音のように思った。

久しぶりに、大好きな音楽を新しく知った。うれしい。

Polaris
今回はとくに、選曲と流れが嬉しかった。
光と影→天気図とか!檸檬(ストリングス入り)とか!
最後のほうのメンバー紹介のときにPAさんも紹介されました。ZAKさんでした。すっごく納得した。

なんとなくフロアから去りがたくって、ステージ上のオオヤさんのエフェクター類(思ってたよりシンプル)を覗きこんだり、セットリストを見て覚えようとしたりしていたら、スタッフさんが機材を片付けはじめたので試しに「セットリストをもらえませんか?」とお願いしたら、くださいました!キャー。

c0050729_21445027.jpg












ほくほくしつつ、ようやくロッカーに行き荷物を出し、物販コーナーでキセルのライブチケットとPolaris×grafのTシャツ(可愛い)を買いました。
すると、Tシャツを選んだりしてるあいだにキセルご兄弟が物販コーナーにいらっしゃってる!
買ったチケットにサインいただいちゃいました。

年の瀬に、嬉しすぎる夜でした。
恵比寿駅まで歩いて、途中で男らしくネギ味噌ラーメン(しかも自分でにんにくを足しまくった)を食べて帰りました。
[PR]
by lookingglass | 2005-12-29 23:59 | MUSIC(-'07)
空想音楽会Special at UNIT 12/29
湯川潮音さんのライブ。
行けるかわかんないな...と思っていたのですが、強引に職場を脱出。

最新シングルの『蝋燭を灯して』、めちゃくちゃいいです。
Jame Ihaがプロデュースしてるのです。
さらにライブにもスペシャルゲストとして参加するとのこと!

開演ギリギリに着いたので、会場はすでにお客さんでいっぱい。
フロアの端にはいくつかの照明。上から薄い布を垂らしてライトを囲んであったりするの。

たくさんのお客さんでステージはほとんど見えないまま、ゲストのビューティフルハミングバードの演奏がスタート。
小池さんの声がとてもきれいで、心地よい音楽でした。
おふたりは南風というユニットをやってらっしゃるのですね。そちらも聞いてみたいな。

そして潮音ちゃん。
最初は潮音ちゃんのみ、だったか、もう一人どなたかと一緒にだったかで、たしか"霧の夜"を...って記憶が曖昧すぎますね。(正解は"緑のアーチ"でした...)

彼女の歌は、声がうつくしいとかそういうの以上に特別なもののように思える。

合間のしゃべりとのギャップもすばらしい。

ワタリドリのみなさんの演奏もよかったです。
ビューティフルハミングバードのお二人も参加した曲では、歌う潮音ちゃんと小池さんを見て、なんて豪華なボーカル(コーラス)なんだろうって思った。

そんで、イハは最後の最後に潮音ちゃんと"蝋燭を灯して"を演奏。
CDとはちがって、アコースティックバージョンというのでしょうか。
彼を見たの何年ぶりだろう...(スマパンの解散以来ですな)
感涙...はしませんでしたが、とてもとても嬉しかったです。イハのギターだよ!
たどたどしい日本語のコーラスに、そうだ外国の方だったんだと、今更、あらためて思う。

イハはそのあとUNITのラウンジバーSALOONでDJをするとのことで、かなり後ろ髪をひかれましたが、風邪も治りきっていないし、ライブ後はそのまま帰りました。
潮音ちゃんは1月にアルバムをリリースします。3月にあるライブも行きたい!
[PR]
by lookingglass | 2005-12-28 23:59 | MUSIC(-'07)
koolhaus of Jazz III 【Popular】 at liquidroom 12/24
c0050729_1356111.jpg


ステキなドラマー芳垣さんを中心とするバンド(VINCENT ATMICUSのメンバー多し)と、さまざまなゲストボーカルがジャズのスタンダードナンバーを演奏する...というイベント。

以下、印象に残ったボーカリスト。好きな順といえなくもない。

①オオヤユウスケさん
Polaris以外で歌うオオヤさんつうのは新鮮でした。
最後に出てくれたので、想定外だったらしいアンコールも含めて、幸せな気持ちでライブの終わりを迎えました。

②菊地成孔さん
暗黒...とくにスイートメモリーズがヤバかった。聖子ちゃんじゃん!
(自分は)ロシア系のユダヤ人だからXmasは関係ないって何回言った?
菊地さんって、存在そのものがどうにもセクシー。これが色気ってものなのかしら。そうなのかしら。

③土岐麻子さん
Cymbalsは知っていましたが、初めて観ました。
可愛らしい。
"My Favorite Things"と"星に願いを"の2曲のみだったのが少し残念でした。

④高田みち子さん
上の3人以外はしらん人ばっかだったなかで、いちばん気になったので。
メガネ女子ですなあ...
"Fly me to the moon"がとくにステキでした。

永山さんが最初に歌った"Satin doll"もとても好きな曲なので嬉しかったです。
[PR]
by lookingglass | 2005-12-24 23:59 | MUSIC(-'07)
MARQUEE NIGHT vol.7 "Girls Punk Party"
12/17 sat. at 渋谷クラブクアトロ

少々遅刻ぎみでクアトロに到着。風船でデコレーションされている階段を登っていくと、にせんねんもんだいがもう始まっていました。

☆にせんねんもんだい
初めて聞いた。
わりにステキだった。単音の音が多かった、かな(記憶があいまい)

☆Kiiiiiii
最初がおかしなチアリーディングのようだった。

☆METALCHICKS
ここからやる気を出して、前から4人めくらいの列から見ました。
シュガーさんが髪型を変えてらして別の人みたいに思えた。
音じたいは、前よりさらに好きだと思った。ノレるメタル。
世の中はメタルだ!

☆BUFFALO DAUGHTER
METALCHICKSが終わっても(さすがに)前方のお客さんは動かず、あたしもそのまま4列めあたりから見ました。
楽しかった~!!
6月くらいに見たときより、ドラマーのかたと合ってる気がした。
とにかくみんな楽しそうで、笑いながら演奏していることが多かったと思います。
見てても楽しかった。
曲の合間も、あいかわらず話すことがいちいち面白い。とにかく余裕があるように聞こえるのです。
ムーグさん「おれ今日は女ってことになってるんだよね」(言い回しは違ったかも)
そういや"Girls"Punk Partyでしたね。
新曲も演奏してました。
来年にはアルバムが出るみたいです☆

なんでこんなにBUFFALO DAUGHTERが好きかしらってくらい大好きです。
どうしてなのか考えてみて、彼らに限らず「自由」な人たちがあたしは好きなんだと思った。
100%自由なひとやものごと、というものはないんだろうとは思うけれど、あたしは「自由」だと感じられることをとても大事だと思っているのかもなあ。
聞きながら、そんなことも考えました。

なにげに友達にねだったら、バッファローのバッグ買ってもらえた。かーわーいーいー。ありがとー。
c0050729_21405634.jpg
[PR]
by lookingglass | 2005-12-19 18:25 | MUSIC(-'07)
oak at HEAVEN'S DOOR 12/12(mon.)
oak=walrusのカオルさんとboom boom satellitesのサポートドラマー平井さんのユニット。
つねづね聞いてみたいと思っていたので、仕事を放りだして(オイ)行ってきました。

はるばる三軒茶屋まで行ったかいがありました。
ドラム、ベース、打ち込みの音?がメイン。ステージはあまり見えなかったのですが、鍵盤もあったのかなあ。

久しぶりの平井さんのドラムはやっぱりカッコよくって、聞くと興奮する!
walrusは数年前に一度だけライブを見たことがある程度だったので、カオルさんの演奏を意識的に聞いたのはほぼ初めてでした。
いや~、かっこよかったです。
全体的には、なんというか湿度のある音楽だなあと。
激しい部分にも湿り気があるというか。

やっぱり、好きな音楽を聞くと元気になるなあ。
ずっとひいている風邪も、よくなった気がしました。
[PR]
by lookingglass | 2005-12-14 19:26 | MUSIC(-'07)
Pixies Japan Tour
c0050729_18411673.jpg


12/5(mon.) at Zepp tokyo
12/11(sun.) at Studio Coast w/MO'SOME TONEBENDER,BEAT CRUSADERS
に行ってきました。

Pixiesそのものをより堪能できたのは、月曜のほうだったかも。単純に時間が長かった(1時間半くらい?日曜は約1時間)し、最初に見たときのほうが感動もひとしおだったような気がする。
去年のフジ以来、もういちど彼らを観れる機会があるなんて思ってもみなかった。

月曜に見たときは「あら?キムやせた?」と思ったのですが...日曜に見たらそうでもなかったような気も...服装にもよるのかしら。

1曲1曲が短いだけに、曲数は多かったと思います。
音がけっこうスッカスカだったり、うまいんだかヘタなんだかって気もするのに、どうにもかっこいい。奇妙だったり、可愛かったり、激しかったりする音楽。
聞くと、彼らの音じゃなきゃ感じられない気持ちになるんだ。

どちらの日も本編終了後は歓声にこたえるようにそれぞれが笑顔でステージの前方へ。
そのままステージから去らずに、アンコールを。どちらの日もGiganticでした。

日曜に出たバンドについて
BEAT CRUSADERS
彼らが一番目。
初めて見た。ライブ時はお面なしと聞いていたので、お面をつけてメンバーが登場したとき「え?このままライブやんの?」と思ったらすぐ投げてましたね。
楽しいライブだった(下ネタはともかく)。
ヒダ-カさん、今までももしや...と思ってたけどちょっと好みです~(近くで見たらそうでもないかもしれんけど)。

MO'SOME TONEBENDER
やっぱりというかなんというか、お客はつまってるわりにビークルより盛り上がってなかったように思えた。
あたしはかなり盛り上がってました。楽しかった!
モーサムが最初だったら前のほうでがんばったんだけどな~。

今回はちゃんと曲覚えてま~す(じつはPAのとこのセットリストで確認)
To hell with poverty!
(ここにもう一行なにか書いてあって、横線が引かれていた。あやしい!)
GREEN&GOLD
ロッキンルーラ
ペチカ
Have you ever seen the stars?
ダミアン

happy icecremの歌詞"おなじことばっかいわすな"が何度もこだまするなか、GREEN&GOLDが始まった。もしかして、happy icecremも演奏する予定だったのでしょうか?聞きたかったぁ。
ん~と、ペチカでちょっーとだけ歌詞まちがえてませんでしたか?
ペチカの歌詞("そろそろ今日あたり本格的な寒波に襲われて雪になるらしいよ")がこの日の寒さにぴったりで、なんだか微笑んでしまうような気持ちになった。


月曜はPixiesそのものを楽しめて、日曜はイベントそのものを満喫できた。

ちなみに、日曜の会場=studio coastはなんだか不思議なとこでした。
ロッカーに番号がついてないなんて初めてだ。もともと番号は見ずに、上から何番目とかいう位置で覚えてたからよかったようなもんだった。
(studio coast=agehaだったのですね...非クラブっこ(きらいというより縁がない)なので知らなかったです...)
[PR]
by lookingglass | 2005-12-13 18:41 | MUSIC(-'07)
FISHMANS EXHIBITION
NANZUKA UNDERGROUNDで開催中の"THE FISHMANS EXHIBITION ~THE LONG SEASON REWIND~"を見てきました。

受付をされていた方が抱いていた犬(チワワだったっけ)がチョー可愛かった。

展示されていたなかでは、鴨下洋子さんの「気分」と、丸野優さんの「夜の想い」がとくに好きだと思った。

ほんとうのところ、あたしはいわゆる「フィッシュマンズのファン」のかたよりは、フィッシュマンズのことを好きではないと思う。
それでも、佐藤さんの使っていたギター、写っている写真、見ると心のどこかががきゅっとしました。

もう、だれも死んだりはしないでほしいなあ。
なんて思いました。
[PR]
by lookingglass | 2005-12-10 23:27 | Others
惜しい
e+のCD販売サイトから送られてきたメール↓ スネオヘアーさんのニューアルバムについて。
c0050729_19161036.gif

『悲しみロックフェスティバル』
「の」は、よけいです。
[PR]
by lookingglass | 2005-12-07 19:17 | Others