Top
数年前の自分の行動を知るところ。
<   2005年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Polarisのライブが
また決まっているよ。

東京は9/22(木)!
[PR]
by lookingglass | 2005-06-28 18:49 | Others
Ueno zoo
日曜日の午後 動物園
c0050729_1932193.jpg
c0050729_19322619.jpg
c0050729_19323219.jpg
c0050729_19323914.jpg
c0050729_19324970.jpg
c0050729_19325686.jpg
c0050729_1933391.jpg

[PR]
by lookingglass | 2005-06-27 19:34 | Others
盲獣
BLIND BEAST=Thurston Moore+Jim O'Rourke+Yoshimi

これは絶対行きます。
achiさん、教えてくれてありがとう!
[PR]
by lookingglass | 2005-06-24 19:23 | Others
猫の妻
Triumph of the Heart [UK CD #1]
Björk

この曲のPVがめちゃめちゃ可愛いです。
ビョークが猫と夫婦役を演じるストーリー。

お話は夫婦の朝から始まります。
ベッドにいるふたり(ふたり?)。不満げな顔で夫(猫)を見つめるビョーク。
夫(しつこいが猫)はなにも語らない。
家を飛び出し、友人達と夜じゅう遊びあかすビョーク。
明け方、歌を歌いながら道を歩く彼女の口からはたくさんのハート(だったと思う・・・)が流れでて、そのハートを家から見た夫(なんど言っても猫)は、車でビョークを迎えに来るのです。
c0050729_192455100.gif

かっこいい~。

いろんなPVを観ていると、たまにこういうふうに「わっ」て思うことがあるから面白い。
観ていてウキウキしました。
[PR]
by lookingglass | 2005-06-23 19:33 | Others
I love you,SONIC YOUTH!
ちょっと前のことですが、スペースシャワーTVのSTAND!という番組でSONIC YOUTHの3月の来日公演のライブ映像+インタビューが放送されました。

ああ、やっぱり彼らの音はひとつひとつがあたしの気持ちをもっていきます。
またライブが観たい!今すぐにでも!

放送されたのは2005.3.17のライブの
I LOVE YOU GOLDEN BLUE
EMPTY PAGE
PATTERN RECOGNITION
(の一部。)

インタビューはなぜかジムが不在、サーストンが主にしゃべっていました。
これ、全部書くと(色々と)まずいだろうとは思うのですが、ちょびっと書きます。

どうも取材は3/17の昼間に行われたようで、前日のライブについて
「オーディエンスはかなり曲を知っていてくれたみたいだね」「やりやすかった」
とコメントしていましたよ。

インタビューの最後、バンドとしての目標は?
との質問に
「もうちょっと小金をかせぐこと」
と答えるサーストン。
「アーティスティックな意味での目標はないよ、無意味だから」

ほんっと、そんなあなたが大好きです!

あと、リーは最近BRIGHT EYESの新作をお気に入りだと話していました。
ちょうど同じ時期にBRIGHT EYESが来日しており、さらにSTAND!がソニックスの後に彼らを取材するとのことで、サーストンが番組スタッフに手紙を預けてライブに招待したとのこと。ええ話や~
BRIGHT EYESはこの放送で初めて知り、ライブ映像も少し観れました。ちゃんと聴いてみたいです。
[PR]
by lookingglass | 2005-06-22 23:21 | Others
ハンス・アルプ展
c0050729_0144718.gif

「ハンス・アルプ展」を観に川村記念美術館に行ってきました。
友達が招待券をゲットしたとのことで、誘ってくれました。わーいわーい。

久しぶりの川村記念美術館。
前に行ったときはたしか秋だったので、緑がきれいな今の季節もとても楽しみ。
13時過ぎに着いて、まずは併設されているレストランへ。
意外に(失礼)おいしかった、ハンバーグ。満足。

おなかもいっぱいになり、美術館内へ。
最初に収蔵作品の展示を。
前にも見たはずなのに、こう・・・改めて「豪華だなあ」と・・・
マーク・ロスコの暗い赤や紺(?)の絵画に囲まれていると、ここが身体のなかだというような気がして妙に落ち着くような気持ちに。
横山大観 "輝く日本" も格好よかった。

ハンス・アルプ氏の作品は展覧会のチラシで見て「抽象的やなあ」と思っていたのですが、実際に見ると、そのかたちや素材の質感や・・・可愛らしくて、ユーモラスでさえあるというか。楽しかった。
なかでも、後期の作品・・・限られたかたち?で自然や色々なものを表現している(と書いてあったような)あたりが・・・とくに好きだと思いました。

(駅と美術館の送迎バス内の放送ふう)川村記念美術館は大日本インキ化学工業の総合研究所の広大な敷地内にあり、敷地内を散策するのも楽しみのひとつです。

ちょうど菖蒲の季節でした。

c0050729_0215117.jpg

菖蒲畑のすみになぜか小さなザリガニ?がたくさん入ったタライがひとつあって、のぞきこんで「ちいさ-」と言ったとたんザリガニに水をかけられそうに。
わっと逃げたら、友達とそのへんにいたお客さんがたが笑って見てました。
おじいちゃんおばあちゃん、家族連れもけっこう遊びに来ているし(たぶんここは無料で入れるのでは)、散策路の途中で盆栽や菖蒲の切り花を売っていたり、どうにものどかなムード。

c0050729_0212653.jpg

美術館の前にある白鳥池には、その名のとおり白鳥やガチョウがいるのです。
木の根元で毛づくろいをする白鳥たち。
陸にあがっている白鳥って初めて見たかも。


そしてそして、なによりも楽しみな告知が!

ゲルハルト・リヒター展
11月3日(木・祝) ~ 1月22日(日)

c0050729_0221950.jpg

ドイツでの展覧会のポスターが貼ってありました。
[PR]
by lookingglass | 2005-06-20 00:43 | Others
Musical Batton
SUGARKANEのyo-oo-koさんからいただきましたよ。ドキドキですよ。

ミュージカルバトンって?
answer:1本が5本になる不思議なバトン。

『音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の 5 人を選びその人にバトンを渡す、というルール』らしいです。
質問項目は以下のようです。

・今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
・今聴いている曲
・最後に買ったCD
・よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
・バトンを渡す相手の名前

迷っていたらいつまでも決められなさそうなので、直感で答えま-す。


Total volume of music files on my computer
(パソコンに入っている音楽ファイルの容量)

これはほぼ0です。
PCで音楽を聴くことをほとんどしないため。いまだポータブルCDプレーヤー愛用中。


Song playing right now(今聴いている曲)
100s『扉の向こうに』
昨日の仕事帰り、なぜか頭のなかで流れだした。それで今は本物を聞いています。
PVも素敵です。
歌詞をスケッチブックのようなものにすこしずつ書いていき、歌と同じ速さで次々とめくっていくという内容。書いてしまうとただそれだけ、なのに、感動的。


c0050729_21325268.jpg
The last CD I bought
(最後に買った CD)
Polaris OFFICIAL BOOTLEG LIVE CD
"Polaris presents continuity #5&#6"
宅配便で受け取ったのが6/5。
『季節』では切なくなり、『天気図』では楽しくて笑いたくなる。



Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

①BOOM BOOM SATELLITES『DIG THE NEW BREED』
選んだ理由
・ライブでのみ演奏される
・常にライブアレンジが変わっていく・・・という彼らのありかたがよく分かると思う
なにしろ、大好きな曲なので!
何度聞いても、ボコーダーをはずした声になる瞬間!ぶあっと気持ちが高揚します。

②Polaris『光と影』
CDも聞いたことがなかったまま、2003年の朝霧JAMで最初にこの曲を聞いて
「いい気持ち、来てよかった!」
と思った。

③SONIC YOUTH『Chapel Hill』
④THE SMASHING PUMPKINS『BULLET WITH BUTTERFLY WINGS』
⑤RAGE AGAINST THE MACHINE『KILLING IN THE NAME』
思い出3連発。
ぜんぶ大学生のころにバンドでコピーしたからです!はははずかし-!
なかでもこの3曲が、さっと頭に浮かびました。


five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す 5 名)

これまたドキドキです。

トラックバックやリンクはしなくてかまいませんので、もし気が向いたらでいいので、バトンを受け取ってくださいませ。
次のかたにまわす必要は、全く!ないと思うので、たんに皆さんの答えを知ることができたら、あたしはとても嬉しいです。
おでんマンさ-ん!
(もし見てくれてたら)はるかちゃん!
umbraさん!
achiさんも、ブログを始めたあかつきにはお答えくださると嬉しいです☆
それと、本当にいやでなければでいいので、Post Familiarさんの答えも知りたいです。もしここをご覧になっていれば、おいやでなければ、ご検討くださいね。
[PR]
by lookingglass | 2005-06-19 22:13 | Others
Just like me, they long to be "Close to you"
サワーかなにかのアルコールのCMで、少年ナイフがカバーした『Top of the world』が使われていますね。

If I Were a Carpenter / Various
Various Artists




数年前、sonic youthと少年ナイフが参加しているので買ったこのCD。
久しぶりに聞こうかなと思いました。

1.愛にさようならを(アメリカン・ミュージック・クラブ)
2.トップ・オブ・ザ・ワールド(少年ナイフ)
3.スーパースター(ソニック・ユース)
4.遥かなる影(クランベリーズ)
5.ふたりの誓い(ベティー・サーヴァート)
6.小さな愛の願い(ディッシュワラ)
7.ソリテアー(シェリル・クロウ)
8.ハーティング・イーチ・アザー(ジョネット・ナポリターノ&マーク・モアランド)
9.イエスタデイ・ワンス・モア(レッド・クロス)
10.星空への旅立ち~コーリング・オキュパンツ(ベイブズ・イン・トイランド)
11.雨の日と月曜日は(クラッカー)
12.あなたの影になりたい(マシュー・スウィート)
13.動物と子供たちの詩(4ノン・ブロンズ)
14.愛のプレリュード(グラント・リー・バッファロー)


邦題だとわけわかんないな。
carpentersの曲のなかでは、『Close to you』がいちばん好きです。
[PR]
by lookingglass | 2005-06-18 16:26 | Others
"でんきを消して、スローな夜を"
100万人のキャンドルナイト


(呼びかけ文のコピーです)
-------------------------------------------------------------------------------------
私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2005年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいに電気をけしましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見するプロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、電気を消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

2005年、6月21日、夏至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。
-------------------------------------------------------------------------------------


今年のイメージキャラクター(?)のひとり、湯川潮音ちゃん。
潮音ちゃんといえば、原田郁子さんのライブでゲストととして登場したとたん、髪を結わえていたゴムが切れたらしく「切れちゃった・・・」とつぶやいていたのが可愛らしかった。
けっきょく、ほどけた髪のまま歌っていたな。
彼女の歌は、Polarisのcontinuity(2003/12/23)でも聞いたことがあります。
こんど、CDも聞いてみたいな。
[PR]
by lookingglass | 2005-06-18 11:22 | Others
metamorphose 追記
ぴあのから案内メールが来たので、プレリザーブの詳細を見てみたのです。

______________________________________
METAMORPHOSE 05(静岡)
[出演]ギャラクシー2ギャラクシー/トータス/アナンダ・プロジェクト/グリーン・ヴェルヴェット/アウト・ハッド/ROVO/BOOM BOOM SATELLITES/ゴールディー/DJ KRUSH /マルコ・ベイリー/イゾレ/セバスチャン・リーガー/HIFANA/Q’hey/FUMIYA TANAK A/EYE/井上薫/Calm/NAOKI KIHIRA/SHIRO the GOODMAN/DJ BAKU/DJ NOBU
※雨天決行。
______________________________________
(原文のままです)(リーガー・・・)

Calmも出るんですね。ひゃっほう。
そんでもってチケ代は10,000yen。
去年みたいにオフィシャルで先行販売はしないのかな。
[PR]
by lookingglass | 2005-06-17 18:27 | FESTIVAL