Top
数年前の自分の行動を知るところ。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2004年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
フジロック04 ふりかえり(3)7/31
2日目。体調は回復したもよう。

寝てるほうが(体調のためには)いいのかもしれないけど、いそいそと朝ご飯を食べに行く。

谷本光とかTHE BACK HORNとか、観ようかなと思っていたのをやめて、けっきょく部屋でゴロゴロ。

Franz Ferdinand
はじまる前に、地元から来ている友達に会えた。
去年はタイミングが合わずいちども会えなかったので、会えて嬉しかった!
(ちなみにあたしの携帯はauです。au、会場内はほぼつながりません。メールも時と場所により、ごくまれに受信できるといった程度)
Franzはとっても楽しかったです。踊れるし、見てるとなんだか面白い、とくにヴォーカルの人。
友達が「(見た目が)新米教師みたい」と評してて、よけい楽しくなってしまった。

そのあと
MO'SOME TONEBENDER
武井さんの衣装+ダンスにめろめろ。
ちょっと嘘です。でも、武井さん好きです。
友達はほんとに喜んでた(と思う)。

モーサム終了後、BEN HARPER へ。
最初から観たかった!と思う。モーサムよかったし、いいけどね。

Courtney Love
NIRVANAがとても好きだった。HOLEも好きだった。
なので(ほんとに来ているのか不安になりつつ)やっぱり観ておきたい!と待つことしばし。
出てきた!本物だ-!!

彼女は、とてもチャーミングだった。
そして、なんだか揺れているように不安定そう(身体が実際に揺れているという意味ではなく)で、そこが魅力的なのかもしれない・・・と思った。

このあと夜に備えて、いったん部屋に帰ったような。
会場に戻る前に、苗プリのラーメン屋で食べた。
ラーメン屋はスキー場っぽいムードだった。
食べてるあいだに、またしても色々見逃した。

Jack Johnson
ラーメン食べてて間に合わなかったドノヴァンさんとか、ベンハーパーがゲストで出てきた。豪華。
とてもよかった。

PRIMUS
なんとなく観ておきたかったので。
昔、メンバーが蝿になって飛び回るPVを観て、気持ち悪い…と思ってた。
ベースのかたは、たしかに超絶うまい!と思いました。はい。

そのあと、この日のメイン
Buffulo Daughter
思ってたよりどんどん前に行けてしまい、しまいには2列目あたりに着いてしまった。
さらに、一番前にいた方がなんと場所を譲ってくれた!うわ-。

Buffaloは相変わらずステキでした。
ムーグさんが激しかった。
それにしても、あたしの近くで最前列で観てたひと・・・寝てたような・・・

あたしに場所を譲ってくれた、英国出身四国在住の彼と、友達と一緒に4時くらいまで話し込んでしまった。
日本の音楽が好きだそうだ。
ブンブンのことも知っていた!いっきに「いいひとだ~!」と思う。
[PR]
by lookingglass | 2004-07-31 23:59 | FRF
フジロック04 ふりかえり(2)7/30
アパートの鍵の行方がわからないまま、暗い気持ちで入場。
それでもちょっとウキウキしてしまった。

まずはホワイトステージにて
Liitle Tempo
夏で野外、というこの状況にとても似合う音楽だと思った。楽しくなる。
(でも、いったい鍵はどこに…と、10分おきに暗い気持ちになる)

宿は苗場プリンスを必死こいてとった。
・会場から徒歩で帰れる
・門限なし
・お風呂にいつでも入れる
・お布団がある
→お金がかかってもしかたない
ちなみに今回は4人で部屋をとった。カードキー便利。1人1枚もらえるし。
ツインの部屋に泊まったこともあるけれど、鍵1つだったので。

ロビーでチェックイン待ちをしていたとき、トイレに行って戻ってきたら、なんとポラリスのオオヤさんがいた。
友達のほぼ隣あたりにいたのだ。
あたしが驚いた顔をしたので「え?なに?なに?」と大声で聞いてくる友達。
気付こうよ・・・こんな近くじゃ言えないよ~ と思ったけど、ごく小声で「オオヤさん!となり!」と言うと、横を見て、ほとんど立ち上がってのけぞる友達。
あからさますぎ。

このままでは「妙にオオヤさんを避けるヘンな人々」だと思われる!と焦ったあたしは、違う建物へと去っていきかけたオオヤさんに声をかけたのでした。

ああゆうときって、ほんと平凡なことしか言えないのな。
「ライブ見にいきます!がんばってください!」
オオヤさんは「ありがとうございます!」って答えてくれたような気がします。

もう、この時点で「フジ来てよかった~!!!」と、だいぶ浮上。

オオヤさんに出会うまで、ポラリスとほぼ同時間帯だったPJハーヴェイと、どちらを観るか迷っていたことは秘密です。

Polaris
このときのcosmosは、最後のほうでいったん止まって、また入り直す・・・というようなアレンジだった気がする。記憶違いかなぁ。

そのあとグリーンに移動して
Pixies
ディベイサアアアアア
間違えてても、とにかく好きだ!
ひさしぶりに、自分のなかのある種の血が騒いだって気がした。

そのほかに観たバンド:
ビギン(ポラリス待ち)
SUPERCAR(彼らが悪いというのではないはずだけれど、体調悪し+人が多いのも加わり、聞いていることに耐えられなくなる。途中で見るのやめた)
BASSMENT JAXX(疲れに勝てず途中で帰る)

観たかったバンド:
想い出波止場(行ったら終わってた)
SNOW PATROL
アジカン(入場ゲートから一番ちかいトイレのあたりから、音だけ聞いていた。)
アジカンは、ルーキー→レッド→来年はグリーンに出たりするのだろうか。その前にホワイト?

夜中にも見たい人たち(HIFANA、O.N.O.、ZERO7、DJ KRUSH、TWILIGHT CIRCUS DUB SOUND SYSTEM WITH UCHIDA(from DRY AND HEAVY) )がそりゃもういっぱいいたけど、疲れきってしまったのでやめる。
風邪薬を飲んで眠る。
[PR]
by lookingglass | 2004-07-30 23:59 | FRF
フジロック04 ふりかえり(1)
今さらですがフジロック04の記録を。

交通手段:レンタカー
ルート:都内在住の友達を二人迎えに→栃木の友達のうちへ→苗場

栃木までは、あたし一人で運転。

木曜の夜に自宅を出発。
首都高は混んでいる。さらに、雨まで降ってきた。
ただでさえ運転に自信ないのに、雨。

それでも、道に激しく迷うこともなく、わりあいスムーズに栃木までたどり着いた。
友達に運転交代。

苗場が少しずつ近づいてくる!

しかし。
後で気付くことになるのだけど、都内で寄ったコンビニにアパートの鍵を忘れてきたのでした。
これ2004年のフジの(あたしの)一大トピック。
ほんと、二度とあんなことはしないようにしたい。自分の失敗を忘れないようにしたい。

1日目の朝、会場に入る直前に「鍵がない!」とようやく気付いた。
ウキウキ気分があっという間に下降。
コンビニのレジで財布から鍵を出したような気がしないでもなかったため、レシートを調べて電話したのに・・・
女性店員の不機嫌そうな応対「そういう忘れ物はありません」
すっかりしょげる。

結局、そのコンビニに鍵はあった。
どうしてそのコンビニにあるのが分かったのか。
念のため、帰りに寄ってみたのだ。

もともとは忘れた自分が悪いのはじゅうぶん分かっているけど、
初日の朝に、せめてあのコンビニにあると分かれば安心してフジを楽しめたと思う。
そんなわけで、2004年のフジは暗い気持ちのままスタート。
[PR]
by lookingglass | 2004-07-28 00:00 | FRF