Top
数年前の自分の行動を知るところ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:MUSIC(-'07)( 52 )
ROVO presents MDT Festival
某用事によりちょうどNATSUMENの演奏中に到着。
野音に着くまではさほどテンションが上がらなかったのですが、霞ヶ関の駅から外に出て、でっかい音でNATSUMENの音楽が聞こえてきたら、思っていたよりはしゃいだ気持ちになった。
天気は曇りだけど、木々の緑もきれい。

お客さんがいっぱいいた。みんな楽しそう。
官庁と、意外と沢山の緑に囲まれたこの音楽堂に、今年も来れてよかった。

ROVOを見るのもわりと久しぶりだった。
ふだんはほとんど聞かないけど、いつライブを見ても、無条件で体が反応する、気持ちよくなる音楽だと思う。
とくに、30分くらいかけてやった一曲がすごかった(でも途中で一瞬寝た)。

久しぶりに、わりと長い期間(5年くらい?)好きでい続けたものを聞いて、なんとなく気持ちが落ち着いた。
[PR]
by lookingglass | 2006-05-15 22:03 | MUSIC(-'07)
MO'SOME TONEBENDER at SHIBUYA-AX 3/11 sat.
ちょい迷いつつも、前方の端っこで見ることに。
元気なお客さんたちとそうでもないお客さんとのボーダーラインあたりといいますか。

ステージ上はとってもよく見えたのだけれど、音のバランスが(位置からして当然)悪かったのが少し心残り。

とはいっても

す ん ご く
かっこよかった!!!


ライブの間、
百々さんにどれだけどきどきさせられたか
イサムさんにどれだけ目を奪われたか
タケイさんにどれだけ楽しく、優しい気持ちにもさせてもらったか

前から格好いいのに、どんどん格好よくなっているように思えるのはどうしてなんだろう。

マッシュポテト・ブギーの最初のブルースハープ(かしら)とか。
ペチカのときの3人の表情とか。
ば ち か ぶ れ !って曲の最初に叫ぶのとか。

断片的な記憶でも、思い出すとすぐそこに戻りたくなる。

2度のアンコールもよかったなー。
To hell with povertyとか、hang songとか。
タケイさんのイナバウアーには爆笑してしまいました。
時事をもりこんだ素晴らしいステージ!


...久々に人に揉まれて観たからか、見終わったあとやたらと「疲れた」「疲れた」と言ってしまった。ごめんよ-。でもたのしかったよ-。
[PR]
by lookingglass | 2006-03-14 21:57 | MUSIC(-'07)
湯川潮音 at 渋谷CLUB QUATTRO 3/5 sun.
きれいな音。
声はときにフルートのようだと思った。

アルバム"湯川潮音"に入っている曲はたぶん全部演奏されたのではないかと思います。
あとは...
逆上がりの国
あのこのうた(潮音ちゃんの説明がおもしろかったので覚えている)

このへんが記憶の限界。

大好きな曲"渡り鳥の3つのトラッド"を、最初と最後(アンコールで)演奏してくれたのが
うれしかったです。
最後のほうが、弦楽器も入っていて、よりのびのびしていたように感じました。


潮音ちゃんのうた、大好きです。
曲の合間にお話することもやっぱりおもしろかった。

アイリッシュハープが、moose hillでも弾いていた方でした。
[PR]
by lookingglass | 2006-03-08 19:10 | MUSIC(-'07)
Dinosaur Jr. at SHIBUYA-AX 2/26 sun.
サイコ-!ダイナソ-サイコ-!!オルタナサイコ-!!!

PAの方がセットリストを見せてくれました。
何人もが撮ってたから、もう腕が疲れたよ~みたいなこと言って困り笑いなさってました。
c0050729_19455540.jpg
[PR]
by lookingglass | 2006-02-27 19:48 | MUSIC(-'07)
THE BAYS at LIQUIDROOM ebisu 2/25 sat.
主にゲストのbuffalo daughter目当てで行ったのですが、全体的に楽しかったで-す。
長いイベントでした!

MOODMANさんがとにかくバンドとバンドの間にDJしまくっていた。それぞれ1時間くらい。

最初に演奏したのがFLYING RHYTHMS。
このときはカウンターのイスに座っていたので、じつは途中でうとうとしてしまいました...とほほ。
でもかっこうよかった。

次はわたしのアイドル=buffalo daughter!
まずシュガーさんの服装に釘付け。赤のニット帽(てっぺんに紐つうかポンポンつき)、白のタートル、赤のサロペット?っていうの?オーバーオール?素材はニットぽくみえました。
あたしは「NH○教育の番組にでてきそうだ」と思ったのですが、途中でムーグさんが
「善玉菌みたいな」
とおっしゃってて、そのとおりだと思って笑ってしまいました。

ムーグさん今回もノリノリ。

わりに古めの曲...シルバー・ターキーとか、水母のブルースとか聞けてうれしかった。
あとはチワワパンクとかA-GO GOとか演奏していた気がします。
いいかげんすぎな記憶。

ゲストとしての登場だけれど、1時間くらいライブをやってくれました。たのしかったで-す!


ここでいったんご飯を食べにリキッドを出ました。
そんなわけでTHE BAYSの最初のほうを見逃しております...


THE BAYS
2002年の武尊祭にも出演していたらしいので、もしかしたら見ていたかもしれないのですが...少なくとも記憶にはないです。いや、たぶん見てない。

ライブのみで活動をし、CDで音源を出さないという彼ら。
ライブ音源はオフィシャルサイトで聞けるようですが、とにかくライブを見てみようと思ってあえて聞かずに行きました。
人力ハウスってかんじ?って言っちゃっていいのでしょうか??かっこよかったです。
[PR]
by lookingglass | 2006-02-25 23:59 | MUSIC(-'07)
MO'SOME TONEBENDER at 磔磔 2/11 sat.
初磔磔です~。来てみたかったから嬉しいなあ。
壁には手書きっぽいかんじの看板がみっしり張られてて、想像してたよりロッキンというよりかブルース?とか?が似合いそうな雰囲気。
小さいとこってやっぱいいなあ。

そもそもここまで来てしまったのは、13日に名古屋に…行く…ついで(!)だった、のですが(それに合わせて土日は帰省するつもりだったのを京都に寄り道したというわけ)、3/11のAXのチケットが驚くほど遅い整理番号だったってのもあって。AXでBの300番台なんて。

後ろの方に"ステージと同じくらい高さがあってどうも畳敷きっぽいんだけど板が敷かれている4畳半ほどの場所"があったので、そこに立っているお客さんたちにあたしもまざってみた。
ラッキーにもめちゃ見通しがいい位置で、顔がニヤける。フロアの真ん中らへんに柱があるんやけど、ちょうど3人とも見える位置なのもうれしかった~。

SEにSonic Youthの曲も使われていて、なおさら楽しくなった。ほんっと大好きだ。
それをきっかけに、去年見た映画『サラ、いつわりの祈り』でもソニックスのある曲が使われててそのシーンではかつてない程彼らの音楽を怖く感じたな~とか、つい最近知ったJTリロイさんにまつわる話とかまで思い出しながら、待つ。

フロア後方の階段から彼らが降りてきた。

最初が『奇跡の歌』、2曲めが『未来は今』。
そのあとは曲順あんまし覚えてません。最新作に入ってる曲はほぼ全てやったと思いま~す。
それ以外だとNO WAY CITY、BIG-S、GREEN&GOLD、凡人のロックンロール、新型セドリック、光触、とかだっけか?

わりとしずかなイメージの曲たち…『2時間前』や『in the air』、ライブでもすごく素敵だった!アルバムでは林檎さんが参加の『マッシュポテトブギー』がアルバムとはけっこう違うかんじで演奏してて。

合間のどこかで、百々さんがガガーッとギターを鳴らしたあと「あ~、壊れた」と言ってました。
?と思ったら、エフェクターのひとつが壊れたみたい。その直後とか、たまにすんごいオッサンみたいな咳をしてて、喉つらいのかな~とか少し心配してしまった。

『Have you ever seen the stars?』は、モーサムをより好きになった一曲。
ライブで聞くと、たとえこの1曲だけでも幸せだって思うくらい。
終盤の『13HOT DOGS』では、ベースを持ち替えてフロア両端にある(らしい)一段上がった部分へとタケイさんが。ワイヤレスにしたベースの音がうまくとばなかったみたいで、スピーカーからはほとんど音が出なかったのが残念だった~。生音がちょっと聞こえました。
しまいにはベースを置いてきて、うぉーってかんじでお客をあおってらっしゃいました。思わずわーって拳を上げてしまった…

けっこう最初のほうに演奏するのかと勝手に思っていた『ロッキンルーラ』をこの後に。
そして、本編最後が『凡人のロックンロール』だったと思う。
アンコールは『DUMDUM PARTY』。この曲の急激な展開が好きだ。

なんかもう、3人ともそれぞれがちがうふうに格好いくて、ライブの間じゅう、きょろきょろしてはドキドキしてた。
満足して、てくてく歩いてホテルまで戻った。明日は早起きして実家に帰ろう。

c0050729_1812566.jpg
c0050729_1813186.jpg

[PR]
by lookingglass | 2006-02-11 21:46 | MUSIC(-'07)
Franz Ferdinand at 日本武道館 2/10 fri.
武道館でスタンディングは初めて。なので、まずは行く前に気になっていたことと結果を。
①荷物どうすればいいんだ?
  →外にクロークが設置されていました。500円で巨大な袋が与えられる形式。
②会場のつくりはどんななんだろう?
  →6ブロックくらいに柵で仕切られてた。サ○ーソ○ックの会場(マリン)みたいな雰囲気。

会場に入ってしばらくは端のほうのいちばん前にいたのですが、位置的に全くドラムが見えないし音も悪そう(ステージ脇の巨大スピーカーよりも外側…)だし、ブロックの最後方まで下がってみました。前にいる沢山のお客さんの間から、ステージもなんとか見えそう。
先月くるりを見に来たときと比べたら、ステージがずいぶん近いなァーとしみじみ。

前座はThe Magic Numbers。
聞いていていやにならない、心地よい音楽。
たまに日本語でいっしょけんめい喋ってて、いい人そうだなあと思った。

そしてとうとう彼らの登場☆

セットリスト(某所からいただいてきてしまいました)
this boy/come on home/the dark of the matinee/auf achese/
what you meant/take me out/darts of pleasure/the fallen/
walk away/eleanor put your boots on/do you want to/van tango/
13 40'/Michael
En.
Jacqueline/evil and a heathen/you could have it so much better/
outsiders/this fire

アンコールの3人でドラム演奏は見ていておもしろかった。リズムが厚くなってよい!
とくにDr.のポール、写真より動いてる姿のほうがかっこよく思えるのは上手だから?

けっこう1stの曲も演奏してて、やっぱ気持ちが盛り上がりました☆
“take me out”、曲の展開がとっても好き。音にあわせてじだんだ踏むみたいに足でリズムをきざんだ。
それ以外の曲ももちろん全般的にノリっぱなしの時間でした。
彼らの音楽で踊るのは最高に楽しいです。
2004年のフジで初めて聞いて、うっわー面白い!って楽しくなった感覚を思い出した。

彼らほど「面白い」と「格好いい」を両立している人らは思いつかないな-。
楽しさでゲラゲラ笑いながらも、ノリノリで見ちゃうというか。

メンバーの名前をメモしておきます。
アレックス(Vo&G)、ボブ(B)、ニック(G)、ポール(Dr)
そして、今回のライブはサポートさんもお一人いましたね。キーボードをひいたり、1曲ドラムを叩いていたような。その時ポールはギターを弾いていました。フロントにいるのが新鮮だった~。

c0050729_2114270.jpg

興奮して撮ってみました。暗くてみえませんね。
[PR]
by lookingglass | 2006-02-10 23:59 | MUSIC(-'07)
BUMP OF CHICKEN at 幕張メッセ 1/29 sun.
一昨年のRSRでいちおう見ていたものの、もう一度彼らのライブをよく見てみたくて、試しにe+のプレオーダーに申し込んだら当たりました。チケットを買えたことにまず驚いた。

きっと、ふだん聞く他の音楽とは違う意味で、あたしはバンプの音楽を好きだと思う。
ライブに行きたいという気持ちはあんまりないし、たま~にCDで聞くことができれば満足で、彼らが出演したTV等はほとんどチェックしていない。

でも、彼らの曲をとても好きなのは本当で、彼らの曲しか聞けなかった時期もじつはある。
だから一度はワンマンライブを観てみたいと思っていました。

----------------------------------------------------------------------------------------------
会場に入って、あまりの人の多さ規模のデカさに驚いてしまった。
それだけ、たくさんの人が彼らの音楽を好いているということなんだなあと思った。

そしてライブ中は、こんなに大規模になっているのに(千葉のライブハウスでやってた頃もこんなふうにライブをしていたのかな)って想像した。
そんなふうに思うくらい、お客さんに伝えようとしてる姿にみえた。

藤君は「ありがとう」と「気分がわるいひとは、横のほうでもぜったい聞こえるから横でやすんで」(←正確ではないと思う)と、とにかく何回も言っていた。
歌以外ではこの他に伝えたいことはなくって、彼の歌を聞く人のことをとにかく大切に思っているんだろうと思った。

ステージの上にはモニターが設置されており、四分割でメンバーそれぞれを追う映像が映されていました。設置位置からしても、後ろのほうのお客さんのことも考えてなんだろう。

最初に好きになった曲="ダイヤモンド"を聞くことができて嬉しかった。
あとね、RSRでいまいちピンとこなかった"fire sign"、むしょうにいい曲だと思った。



帰り道で、お客の女の子が
「生きててよかった、今日ライブに来れてよかった、耳が聞こえてよかった」
と言っているのが聞こえた。
そんなふうに好かれているなんてすごいと思いながら、自分はそこまでの感情をもてないということに少し気付いた。
途中、カルフールにあるスタバで熱い飲みものを買って、飲みながら総武線の駅まで歩いた。いい運動になった。
[PR]
by lookingglass | 2006-01-29 23:59 | MUSIC(-'07)
BRTISH ANTHEMS at STUDIO COAST 1/21 sat.
BRTISH ANTHEMS

先日会員になったクリエイティブマンのご招待に、試しに応募したら当たっちゃいました。
(まず最初に、これで会費1年分のもとが取れた...とか考えてしまった)
当選メールが来たのが前日。同伴者も1名OKとのことで、あわてて友達にあたってみた結果、友達の友達が一緒に行ってくれることに。せっかくだしもったいないものね。
この日は朝から降り続く雪で、京葉線は動いてるかな?と心配していたら、10分程度の遅れで運行中。よかった。(それでも待ち合わせには遅れてしまったからいいともいえない)

会場に着いたら、メインの"LONDON STAGE"ではDUSTIN'S BAR MITZVAHが演奏中。
少し観てから、もうひとつのステージへ行ってみました。
案内のまま進んでいったら、え-?外?

もうひとつのステージ="LIVERPOOL STAGE"は仮設テントのような場所で、情け容赦なく外の空気が入ってくる。ってか外!寒い寒い寒い。
しかもステージではセッティング中だったので、すぐにまたLONDON STAGEへ。

TEST ICICLESを途中まで観る。
(もんのすごくいいかげんな感想)刺激少なめのATARI TEENAGE RIOTみたい。
メンバー3人ともボーカル(というかMCというか)を担当したりして面白いし、もうひと押し、なにかがあればすっごくよくなりそう。

知っているバンドがほとんど出ないなか、唯一、絶対に見たかったのがaM
「アム」って読むらしいです。
ずっと「エイエム」だと思ってた…間違えていろんなひとに言ってしまいました…

SUPERCAR解散後のコウダイくんを見るのは初めて。彼のあらたな活動ということで気になっていたのもあるし、なによりwalrus/oakのカオルさんがサポートメンバーとして参加されるとのことで、楽しみにしていました。

リズム。
エレクトロ?っていうのかな?
聞いているうちにどんどん気持ちがよくなってくような音楽でした。
楽しかった!

スタジオコースト入り口あたりには、このイベント用に出店が出ていました。
お店の前のテントで、ストーブにあたりながらカレーうどんを食べた。

おくれてきた友達と合流して、少したったら、THE DEAD 60'Sのライブがスタート!
1、2曲「あ、聞いたことある」って曲があった気がする。
このあとも用事があったので最後まで観るか迷ってたけど、結局見ちゃいました。

用事があったので、ここであたしは帰り。雪が積もっているなか、ほとんど人通りのない道を
駅まで歩いた。
この辺は工場とかばっかりで、なんだかますます非現実感。


関東では珍しく、けっこうな雪のなかでのイベント。
なんだかその天候も非日常のようで、冬のちいさなフェスだなって少し思った。
けっこう楽しかった。
[PR]
by lookingglass | 2006-01-21 23:59 | MUSIC(-'07)
くるり ワンマンライブツアー2006 ~はぐれメタル魔人斬り~ at 日本武道館 1/8 sun.
c0050729_12384460.jpg

2年前のくるり以来の武道館。
今回は2階席。ステージの斜め横、しかもスピーカーに遮られ、岸田さん(歌ってるとき)と堀江さんがほとんど見えなんだ…この二人はCDJのかまどうまでいっぱい見たから我慢しろって神様が言っているんだろうか~と思ったほどよ。
そんでも、達身さんや佐藤さん、ドラマーさん(クリフさん。上手でした)は遠いなりにばっちり見えたので、Bass.の佐藤さん大好きっこなあたしはわりに楽しく過ごしました。

"お祭りワッショイ"でスタート。いいねえ。
前半はNIKKIからの曲が中心、後半はいろんなアルバムから。
『NIKKI』を聞きこまずに行ったので、もっと聞いていれば前半ももっと楽しめたかもしれない。
そのあとやった曲は、たぶん以下のようなかんじで。

Ring Ring Ring!
Long Tall Sally
Superstar
 なんでか泣いてしまう。来てよかったなあ、って思った。
Bus To Finsbury
Morning Paper
Baby I Love You
Army
 この曲が、自分内盛り上がりの前半のピーク。
 暗い会場に、ステージから緑色のレーザーが一本流れていって、広がっていく。
 きれいだった。大きい会場も、こういうことができるのならいいなあと思った。
Tonight Is The Night
Baby I Love You
Birthday
 佐藤さん!ベースラインが!めちゃかっこいかった。
ハイウェイ
 これはぜったい泣いてしまう。
ばらの花
 これも聞くたび条件反射のように泣いてしまうんですが、今回はそんな暇もないほど(?)
 高速ばらの花でしたよ…

 たしかくるりを初めて見た『百鬼夜行』at Zepp Tokyo(ROVOが出た回)で、この曲を
 聞いて「いい曲だなあ、くるりってかっこいいなあ」って思った...ことを思い出した。
青い空
 大好きな曲。"こんなことはいいたくないのさ"!ほんとうだわ。
水中モーター
 歌う佐藤さんが…聞くの久しぶりな気がして、うれしかった。
ワンダーフォーゲル
 これまた涙ぐみながら聞く。2003年のフジで聞きながら号泣したことを思い出した。
(It's Only) R'n R Workshop!
 本編最後。どうしてバンドをやっているのか…という理由を歌っている、そうです。
 歌詞を読んだことなかったので、よくよく聞いたらおもしろかった。

とても短く感じた本編。
そしてアンコール。選曲がすんばらしい。

赤い電車
尼崎の魚
東京
 焼肉…すごい前振りだった。

 かっこよかった。
 見えなかったんだけど、岸田さんが歌う姿が見えるようだった。
 そんなに格好よかったら、本当に"このまちはぼくのもの"になるよ、って思った。
[PR]
by lookingglass | 2006-01-09 12:42 | MUSIC(-'07)