Top
数年前の自分の行動を知るところ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:FRF( 39 )
帰ってきました
私的ベストアクト(日別)

7/28 fri.
ROVO
期待を超えた充実感でした。宇宙!

7/29 sat.
100s
「来てよかった」 カズ君のこのひとことがすべて。

愛せるか?愛してるさ。
(『扉の向こうに』)

7/30 sun.
Boom Boom Satellites
最強!
新曲までやっちゃってました。
ダイバー多かったな~

----------------------------------------------------------------------------------------
会場を離れて、携帯が普通に使えるようになったことにすら、なぜか不思議な気持ちに。

帰ってきました。
スーパーや薬局が珍しいもののように見えます。
ほんとうに、今年もフジロックに行けてよかった。
c0050729_22334944.jpg

また、また来年ね!
[PR]
by lookingglass | 2005-08-01 19:42 | FRF
Candles at Heaven
Field of Heavenにて
Souliveを聴きながら。
c0050729_5584766.jpg

c0050729_5584770.jpg

c0050729_5584779.jpg


あたしがヘヴンに行ったときにはもうかなりの量のキャンドルが灯されていたのですが、
その後もJUNEさんご本人がどんどんキャンドルを置いてらっしゃいました。
[PR]
by lookingglass | 2005-07-31 23:59 | FRF
FUJI ROCK FESTIVAL '05 まとめ (7/31 sun)
(太字はぜんぶ観たアクトです)

今日は友達二人が来る日。まず、一人が7:30頃にツアーバスで到着。
ツアーバスって夜行だけど、いわゆる夜行バスの車輌ではなくって、ふつうの観光バスみたいなのなんだって!つらそう~

まずは彼女たちからスタートでしょう!いそいそとホワイトステージへ向かう。

っとその前に、キャンプよろず相談所でちょうど友達が絵を描いていました!
天気に悩まされていたようですが、最終日にとうとう実行されたのですね。
天気もよくって、目の前でどんどん大きな絵ができていく。
見れてうれしかったです。

あふりらんぽ
どっちかが持って登場した「Naeba」(雪山)ポスター、ホテルの部屋に飾ってあったのとおんなじ☆持ってきたんだね-。

タイムテーブルに『あふらりんぼ』って書いてあって(しかも2箇所)、あふらりんぼだったっけ?ずっとまちがえて覚えてた?と思ったら
いや、やっぱり『あふりらんぽ』でした。
最後に「あふらりんぼ じゃなくて あふりらんぽー!!!」って言ってたもんねえ。

ソニックユースの前座で初めて観たときほどの衝撃はうけなかったものの、
衝動!可愛い!そしてポップ!あれ?違う??

終わったあと、道行く男のこたちが
「化粧さえしてなきゃ可愛いのに」
と言っているのが何度か聞こえた。うふふ。

友達を迎えに場外のリストバンド交換所へ。
このころは天気がよくって、「今日はこのまま晴れるのかな?」と思っていた。
きっと今日帰るのでしょう、大きな荷物を持って歩いていく人達もちらほらいて、さぞ名残惜しいだろうなあ...と思いました。

このへんで、すでに気はそぞろだったりします。

アバロンでグリーンカレーを食べたあと、アバロンとホワイトのあいだの道のわきに座って
ソウルフラワーユニオンをちょこっと聴いた。盛り上がってたなぁ~。

その後もホワイトステージに居続けますよ-。

Athlete
Doves
じつはふたつとも全く聞いたことがなかったのですが、楽しかったです。
正直、へんなのじゃなくってほんとに助かった・・・楽しい時間をありがとう。
どちらのバンドも楽しそうに演奏していて、フジのことも気にいったように見えました。
たしか、Dovesのかたが「おれらを見るより、この景色をみて。楽しんで」っていうふうなことを言っていたと思う。素敵なこと言うねえ。

そんで、待ちに待った
BOOM BOOM SATELLITES
別記事にしたので省略。ラブ!

体力を消耗したので、またもアバロンへごはんを食べに。
このころはかなり雨が降っていた。お店のカウンター(?)でタイラーメンを食べる。
屋根のありがたみを痛感。

タイラーメンを食べながら聞こえてきたのが
○犬式
前にブンブンとの対バンで見たときよりよさげに聞こえた。
ごはん後、ステージを見に行った。
ボーカルの人の声がわりかし好き。
でも途中でごめんなさい。マーズボルタ見るの。

またもアバロンとホワイトのあいだの道のわきで、おもに観客を見つつ
○The Mars Volta
好きとも嫌いとも判断しがたい・・・なんというか、のりどころもイマイチつかみきれない・・・
前方のお客さんもじっと聞いているように見える・・・
とか思いつつ、うーんもう少し、もう少し聴きたい。
食べてもおいしいかまずいか分からなくって、確かめてるうちに気づいたら完食?みたいな?

一緒に見ていた友達(大学の後輩ちゃん)に「それは好きってことですよ~」と言われる。そうなのかしら。
それにしても強い。タフな音楽だと思う。切れ間ないしね!

迷いつつも、最後までは聞かなかった。ヘブンへ向かう。

○Soulive
期待していたとおり!
雨も小降りになって、JUNEさんのキャンドルを今年もじっくりと見ることができた。
気持ちいい音楽。きれいなキャンドル。
終盤~アンコールは前のほうまで行ってみました。
みな気持ちよさそうに踊ってて、いいムード。うん、楽しかった~!

Soliveを最後まで観たあと、ホワイトステージへ。
○Sigur Ros
疲れていたので、聞きながらもうとうとしてしまった。無念。
うとうとしつつも、まるで物語のように美しいステージだと思った。
声すら、ひとつの楽器のよう。

薄い布の幕がひかれ、ステージが終わる。
アンコールが見たいような、このまま終わってほしいような気持ち。
拍手に応えてご本人たちが出てきて、演奏はせずに挨拶をして終わり。
この終わりかたもまた素敵だと思った。余韻が消えないもの。

そしてグリーンへ。

○PRIMAL SCREAM
Rocksの前後あたりから。
実は、もう帰って眠ろうかと考えたくらいにへとへとだったのだけれど、やっぱり止まらない!
最後までしっかり観る。
ボビーって、ほんとに「ロックスター」って言葉が似合うと思う!

今年のフジで夜のグリーンステージをじっくり見たのはプライマルが初めてだった。
照明の派手さなんかも含めて、グリーンはやっぱり華やかだなあと実感。

Movin' on Up も聞けて、とてもうれしかった!
しかもアンコール(だっけ)ではJがゲスト参加!!
ケヴィンとのモサいツーショットに悶絶。かかかかっこえええ-!!!
いやー、いいもの見た。

----------------------------------------------------------------------------------------------
Barksより
●FUJI ROCK FESTIVAL’05 来場者数
7/28(木)前夜祭15,000人
7/29(金)35,000人
7/30(土)40,000人
7/31(日)35,000人
延べ12万5,000人
キャンプサイト利用者1万6,000人(テント設置数7,000張り)
[PR]
by lookingglass | 2005-07-31 23:58 | FRF
FUJI ROCK FESTIVAL '05 まとめ(7/30 sat)
(太字はぜんぶ観たアクトです)

8:00頃?起床→朝食→みじたく

今年から通れるようになった、グリーンからホワイトへ抜ける道(と橋)を通り、ホワイトステージへ。
・・・けもの道だった。長靴はいていってよかった。

○Juliette & the Licks featuring Juliette Lewis
残念ながら、最初には間に合わず。でもけっこう観れた。よかった。
ジュリエットさんはフシギな格好をしていました。水着のような...なんともいえない衣装。
そんでも、ともかくチャーミングなんだなあ。
音は想像していたようなかんじ。グランジ!好み!
ステージ去り際、(はいてないけどスカートのすそを持ち上げるようなしぐさの)おじぎがまた可愛かったです。

途中、へブンで飲み物を買ったりしながら、100sを観るためにオレンジコートへ。
着いたときは、Leyonaが歌っていました。

100s
どのあたりで見ようか迷いつつ、さすがにまだ人が少なかったので、ステージとPAテントのちょうど中間あたりに。けっこう前方です。
この、待ってる間にどんどん雨が降ってきてしまう。いっときはギャグみたいな大雨に。

自分も含め、大雨にうたれてじっと待つお客さん...忠犬のよう...

待ったかいがあったステージでした。
しょっぱなの"A"から、予想以上にのってとびはねてしまった。
むちゃくちゃ楽しい!
あげた自分の手が珍しいもののように思えて、何度もじっと見た。

一説によると、手は希望の象徴だそうです。
たしかにあのライブは言葉に換えると、希望や愛そのもののようでした。
"扉の向こうに"では、最初から泣いてしまう。

実は7/14にも100sのライブに行ったのですが、そのときと比べても、フジは驚くほど自分の心に入ってくるライブでした。
なにが違ったのかはわからない。ただ、あたしはものすごく幸せで、もうこれでこの日終わりでもいいやってくらいの気持ちになったのでした。

雨は、100sのライブが終わった頃には止んでいたか小降りだったんだっけ。
オレンジコートから出るのにもとても時間がかかって、でもそんなこと気にならないくらいハイになっていて。

いちどホテルに帰って軽くシャワーまであび、さらに我慢できず少し居眠り。

○Asian Dub Foundation
そんなわけで、少ししか観れなかった・・・ぐえ。
FLYOVERは聞けた!楽しかった~
グリーンのPAテントの後ろあたりがどろっどろになっていて、そこでどろんこになって踊る人々を見て楽しい気持ちになった。

この頃にはグリーンの地面はぐちゃぐちゃになっていて、同じく雨がけっこう降った記憶がある2003年にすら見たことがなかったようなドロの小川ができてました・・・通路からグリーンの前方にむかって流れていた。

この後の時間帯は何を見るかとても迷っていたのですが、すでに動くのもだるいくらい疲れていたので、ダイナソー待ちもかねて
GANG OF FOUR
少ないあたしの音楽知識からは
「去年みたプライマスに通じるものがあるような・・・」という感想が。いやぜんぜん違うかも。
なかなか格好よかったです。渋おやじ~

ダイナソーまでに、ごはんを食べにいったんアバロンへ。
さらにアバロンとヘブンのあいだのトイレへ→ヘブンでMy Morning Jacketがまだ演奏中なことに気付く!
たしか一曲とちょっとだけ聴けました。うれしかった。ぜんぶ観たかったなあ、って思いました。

そして、待ちに待った
Dinosaur Jr.
J!長髪で髪少なめで小太りのJ!ムサい~!大好き!!
はじまる前の紹介で、ブライアンが「みんな大好きダイナソー!」ってなことを言っていて、おんなじこと思ってる~と思う。
最初はかなり後ろで観ていたのだけれど、最終的にはPAテントの前あたりまで移動。

あたしがダイナソーのライブ映像を見たのは、たしかビデオ"1991 The Year Punk Broke"が最初で、実際にライブを見ることができるなんて不思議ですらあった。
そんなことを考えてたら、2002年にもここでソニックユースを観ていたな~とも思い出した。
ああ~、Dinosaurのライブももっと見たいよ!
とにかく、見ることができてうれしかった。

[セットリスト from Barks]
GARGOYLE(1stアルバム『Dinosaur』)
KRACKED(2ndアルバム『You're Living All Over Me』)
NO BONES(3rdアルバム『Bug』)
RAISANS(2ndアルバム『You're Living All Over Me』)
BULBS OF PASSION(1stアルバム『Dinosaur』)
FORGET THE SWAN(1stアルバム『Dinosaur』)
LITTLE FURY THINGS(2ndアルバム『You're Living All Over Me』)
BUDGE(1stアルバム『Dinosaur』)
TARPIT(2ndアルバム『You're Living All Over Me』)
THE LUNG(1stアルバム『Dinosaur』)
FREAK SCENE(3rdアルバム『Bug』)
JUST LIKE HEAVEN(2ndアルバム『You're Living All Over Me』)
SLUDGE(2ndアルバム『You're Living All Over Me』)
CHUNKS(1stアルバム『Dinosaur』)

最後まできっちりみてから、ヘブンへ向かう。
すると、アバロンのステージから聴こえてくるのは、誰かが歌うスーパーカーの "ラッキー"。
この曲、スーパーカーのなかで一番好き。思わず足を止める。
ああそうだ、この声は。

○The かまどうま
大雨のなかたくさんの人が見ていて、岸田君の姿はステージ去り際の後ろ姿しか見えなかったけれど、今回のフジではくるりを観るのを諦めていたこともあったので、聴けて嬉しかったです。

今度こそヘブンへ。

○Ryan Adams & The Cardinals
大雨。さらには雷まで。
さすがに観ているお客さんの数も多いとはいえず、天候やらが関係あるのかは分からないけれど、Ryan氏はなにかに苛立っているようだった。
ライブそのものはけして悪くないと思ったのになあ。
しかも(雷雨のため?)予定より30分くらい早く終わってしまう。
できれば、これでフジを、日本を嫌いになっていないといいな、と切に思います。
また日本に来て、ライブをやってほしいです。

ブラフマン→ファットボーイを横目で見ながらホテルに戻り、(次の日のために!)就寝。
[PR]
by lookingglass | 2005-07-30 23:59 | FRF
FUJI ROCK FESTIVAL '05 まとめ (7/29 fri)
(太字はぜんぶ観たアクトです)

7時か8時くらいに起きて、お風呂にざっと入る。
そのあと苗場へ。

場外で買ったごはんを食べ、車のそばでのんびり身支度。
お昼近くにドラゴンドラに乗りに行く。初めて!
行きはキャンプサイトから出ているバスに乗って乗り場に行った。
レッドマーキーの裏手とか、フジの裏側をちょっと見学できてしまう。

ドラゴンドラはとっても楽しかったです。
20分間はあって、各ステージとか道とかたくさんのお客さんとかを見て興奮。
へーあそこがムーンキャラバンか、とか、ダムとか渓流とか小さな滝とか。
けっこうな急斜面もあり、スリルも味わう。面白い!
すれ違うゴンドラには家族連れもわりと乗っていて、子供は必ずといっていいくらい手をふっている。とりあえず手をふりかえす。

着いたさきは、天国。ふふ。
きぐるみのおにいさんたち、レストハウスで休憩してた。がんばれ。

さっと雨がふったり、かと思うと晴れたり。
レストハウスでジンジャーエールを飲む。

くだりのゴンドラのなかに、アブかハチみたいな虫が乱入。
ゴンドラ内にあるまじきスピードで、可能なかぎり虫から離れるあたし。
景色そっちのけの混乱した数分間をすごし、最終的にはゴンドラ備え付けのうちわを使ってなんとか外へ出てもらう。
すごーく大きくて長い針が虫のおしりについていたらしいヨ!

帰りは歩いてレッドマーキーのほうへ。
ちょうどNight Snipersがライブをやっていた。
わりと好きかも・・・と思う。少しだけスマパンぽい要素もあると思った。
けれど、ほんのちょっと見たのみで移動。

キャンプよろず相談所に、友達を探しに行く。いたいた。
竹のおはし作りに手を出すも全く完成せず。
作りかけのおはしを持ったまま、苗場食堂前での待ちあわせへ急ぐ。

cake
渋かっこいいといいますか。NO PHONE、がんばって歌ってみました。
けっこうしゃべるかたなんですね-。ほとんど聞き取れなかった・・・
観ているあいだにどんどん雨が降ってきた。

雨用の身支度も兼ねて、いったんホテルへチェックインしに行く。
キャンプよろず相談所で竹のおはし作りの続きを。やはりまだ完成せず。
でも、おととし(寝過ごして)観れなかったprefuse73を観に行かなきゃ!

Prefuse73
かーっこよかったー
スコット・ヘレン氏は器用ですね。ドラムまで叩いてた。

ここで、ROVOを最大限楽しむために手持ち荷物を置きに車へ戻る。
ウエストポーチすらやめて、手ぶらに。身軽、気軽だ-。

会場に向かおうと一人でモソモソ歩いていたら、地元から来ていた友達にばったり会う。
知ってる人なんていないと思って歩いていたから、とつぜん名前を呼ばれてびっくり。
会えてうれしかった。

会場に入ったら、ちょうどColdplayが演奏中。
ふーんと思いつつ通過。

もしかしたらROVO前のPE'Zも少し観れるかしら?と思ってたら、着いたとたん終了。ありゃ。

ROVO
もしかしたら途中で飽きちゃうかも・・・?とか、
フジでわざわざ観なくても(メタモでも見れるしね)とか、
ほんのちょっとだけ思いながら待っていたのですが

最っ高でした!!
今年もフジに来てよかったなあ...としみじみ思った。

○忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS
ただ通りかかっただけだけど、ちょっと聴けてうれしかった。
観る観ないはともかく、やっぱりあたしもフジとキヨシローとはセットみたいに思ってるのね。

しばらくところ天国で休憩後、オールナイトフジへ。初めて!
行きのボードウォークが大渋滞。いつオレンジに着くんだってくらい混んでました。
途中のミラーボールなどがキレイでした~

○RYUKYUDISKO
・・・
これは単に好みの問題で、あたしはDJに対してたいへん興味が薄いんじゃないかとつくづく思いました。彼らをDJっていうかというと、また違う気もするけれど。
オールナイトフジにはいちど行ってみたかったから、行ってみれてよかった。

卓球氏のDJをほんの少し聴いてから、オレンジを後に。
ホテルに帰って(実はここで財布がないないと騒ぎ、探しに車まで一往復→結局、ホテルの部屋で発見・・・去年の教訓はどこへ?)、お風呂に入り、眠る。
[PR]
by lookingglass | 2005-07-29 23:59 | FRF
ドラゴンドラ
c0050729_1665095.jpg

c0050729_166506.jpg

c0050729_1665090.jpg

お昼頃に乗りました
いまは雨のあとの曇り
[PR]
by lookingglass | 2005-07-29 16:06 | FRF
FUJI ROCK '05 まとめ(7/28)
7/28 thu.(前夜祭)

19時すぎに到着。
車を停めて、1年振りにゲートをくぐる。感動。
ちょうど盆踊りをやっていたような。
苗場音頭?ふつうこぶしあげたり、ジャンプしたりしないよね・・・。見ててほのぼのする。
まずはワールドレストランへ。
今年はとにかくfish&chipsを食べたいと思っていたの!
ちょっと並んで買う。ビネガーをたっぷりかけて食。
けっこうおいしかった。1回食べたら満足。

前夜祭ではライブはなにも観ませんでした。
ポカスカジャンは見たよ!おもしろかったです。
わんこそば大会に、友達の友達の友達の友達(であってるのか?)が出て、予想以上の激しいパフォーマンスをみせてくれる。ほとんどそば食べてなかった。
笑いすぎておなかが痛くなった。あれ見れただけでも前夜祭に来た価値あった~
そして、今年初めて見る打ち上げ花火。きれいだった。
慌てて写真を撮ったものの、やはり携帯のカメラでは限界あり。
自分の目で楽しんでおこうと思う。


わりと直前まで前夜祭にも行けるとは思っていなかったので、今夜は宿なし...
というわけで、湯沢の「ゆざわ健康ランド」へ行きました。
なかなか快適でした。
わりとこじんまりとした施設ながらも、サウナ、ミストサウナ、露天風呂もあり。

露天風呂にかなり長いことつかっていた。
個室仮眠室(という名の一間。隣とか廊下の音がまる聞こえ)を借り、眠る。
[PR]
by lookingglass | 2005-07-28 23:59 | FRF
前夜祭
c0050729_19264534.jpg

c0050729_19264572.jpg

[PR]
by lookingglass | 2005-07-28 19:26 | FRF
Road to FUJI ROCK '05
夜中の2時までかかって準備しました。
荷物をそろえ、さて、かばんに詰めようとしたら・・・入りきらないではないですか!
しかたなく、荷物を少し減らし、さらに手持ちのトート(大きめ)を追加。
今朝は
リュック+大きい旅行かばん+トート+小さい手提げ
という、むちゃくちゃな状態で通勤電車に乗りました。

昼すぎには自由の身(になるはず)です!


とりあえず絶対観るだろうなってのだけメモしときます。

7/29 fri.
cake→prefuse73→ROVO

7/30 sat.
100s→asian dub foundathion→クラムボンor My Morning Jacket→Beck
→Dinosaur Jr.→Ryan Adams&the Cardinals

7/31 sun.
あふりらんぽ→Aqualung→(The John Butler Trio)→boom boom satellites
→the mars volta→solive→sigur ros→PRIMAL SCREAM

わーい!楽しみ-!!
[PR]
by lookingglass | 2005-07-28 10:55 | FRF
非現実感
FUJIROCKFESTIVAL'05まであと3日です。

今年は、前夜祭にも行けることになりました!
初めて行きます。
忙しい忙しいと言っておきながら、28日午後休の申請をしたらあっさりOKがもらえました。

そうなると、前夜祭は誰がライブをやるのかがぜん気になるの。

毎年、この時期は楽しみな気持ちよりも、「あれ?ほんとうに行けるんだ?」っていうような

浮かれているというのとはちょっと違った、地に足がつかない感があって。

台風の進み具合も気になりつつ。

準備もまだおわっていないのです!


3日間とも晴れるといいなあ!
[PR]
by lookingglass | 2005-07-25 22:52 | FRF