Top
数年前の自分の行動を知るところ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
FRF'06 前夜祭~1日目(書きかけ)
7/27(前夜祭)
月夜野ICで関越を降りて苗場へ。今年も(周囲をお騒がせしつつ)結果としては前夜祭から行けることに。
去年も通ったなあと思い出しながら周りの風景を眺める。絶景かな。
ゲートをくぐる瞬間は、毎年「とうとう来た!」って気持ちになる。
今年も皆さんが苗場音頭を踊っている頃に到着。
とりあえず苗場食堂でとろろ飯+おつけもの。
あまりにも気前いい量のご飯にお腹がいっぱい。新潟だから?お米がおいしい気がする。

□少年ナイフ
前夜祭では少年ナイフだけはしっかり観た。
あれ?オリジナルメンバーってもうなおこさんしかいないの?
ハッピーになる要素が詰まっている音。☆マークがいっぱい出てきそうな(←?)音というか。
そして、なおこさんはとてもオリジナルなチャーミングさで、女性としてある意味羨ましくくなった。


7/28 天気:くもりときどき雨

□SAKEROCK
後ろのほうでほとんど音だけ聞く。フェスネタMCに笑う。

□Sandii
前のほうで観たくて早めにヘヴンヘ。結局余裕で最前列で観れました。
ステージ構成としては、朝霧のときよりカヒコが少なめだったように思います。
先生や、アシスタントの先生の踊りに感動。あんなに踊れるなんて、ほんとうにすごい。
シンプルな衣装で踊るタヒチアン(だと思う)に至っては、美しいというより格好いい!と本気で思った。

□加藤登紀子
真っ白い衣装のおときさんがステージに現れたとき、思いのほか感動した。
こどもの頃、眠る前に彼女の歌をカセットでよく聞かされていたので、100万本のバラとか知床旅情とかを生で聞けてうれしい。ずいぶん昔に聞いていた曲でも口ずさめるもんだね。

□TOMMY GUERRERO
なんとなく海のイメージ。山だけど。かっこいい。

□THE CRIBS
青春!トキメキ!といった単語が頭をよぎる。
本人達もお客も楽しそうで、その雰囲気が楽しかった。

□DIRTY PRETTY THINGS
なんか前にも観たような気が...気のせいだろうか。きらいでもないけれど好きでもない。

□Franz Ferdinand
(後日書きたします)

[夜の部]
□JOHNNY A.
cutman-boocheを観るために苗場食堂に行ったら、時間を考えて向かったはずなのにまだまだ絶好調で演奏中。でも聞けてよかった。ライブで聞くとよけい楽しい音楽だと思う。

□cutman-booche
明日、彼らの夢が叶う瞬間を観にヘブンへ行きたい!と思うけれど、もうひとつの夢(きっと)が叶う瞬間を観に行きたいのです。だから、ここで観れてよかった。
それにしても彼らのライブは楽しい。眠気でふらふらしつつも聞く。
気持ちがほんわり暖まるような音楽なのだ。ご本人達がとても楽しそうなのもその理由かもしれん。

□星野源
最後方で寝ながら聞く。
が、突如聞こえてきた「はじまりはいつも雨」に起こされる。
なにこの選曲!!と思ったら星野さんじゃなくてサケロックのハマケンさんでした。


帰って、宿のお風呂にのんびり入り(温泉のような気がしたが詳細はわからず)就寝。
[PR]
by lookingglass | 2006-08-22 20:33 | FRF
<< 見逃しました 夏の日を永遠に行く >>