Top
数年前の自分の行動を知るところ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
キセル/moose hill at 7th floor (1/30 mon.)
チケットに書かれていた番号がけっこう早かったので、開場までには!と意気込み、ギリギリに到着。
エレベーターで7階まで昇る。
そのエレベーター...弟さんと一緒に乗ってしまった。ライブめっさ楽しみです~とも言えず、ただただ緊張して乗るのみ。あーもうびっくりした!

初めて行った7th floor はカフェみたいな雰囲気で、イスやソファ、テーブルが置かれてるとこ。お酒を飲んだり食事をしたりしながらライブを見ることもできるみたい。
メニューには美味しそうなものが載ってました(2月からランチも始めるみたい。来てみたい)。
食事メニューがあることに気付くのが遅かったのと、幸運にもほぼ一番前の席に座れたのとで
「この近さでライブ見ながら食事はなぁ...」と思い、飲み物と一緒に買ったナッツをポリポリ食べながら我慢。

moose hill
アコギ(たぶん)、チェロ、アイリッシュハープ、ドラム。歌なし。
ドラムの方は小さな木琴みたいなものもけっこう叩かれていました。

ただ可愛らしくて気持ちいい音楽だけではなく、どこか恐さを感じるような部分もあったりして
うわ、素敵だなって思いました。
恐いってのは多分チェロの音に対する印象もあると思われる。チェロの音、すごく好き。

キセル
ライブを見るのは3回目。見るごとにますます好きになる気がする。
この日は、とくにmoose hillの方々が一緒に演奏したニ曲(かな?)の迫力にびっくりした。

近くってとても嬉しいのに、聞いてると思わず目を閉じてしまうんだよね。

ほとんどライブで演奏したことはない、という"タワー"。
ライブ前にアンケートを書いてたとき、質問にあった『好きな曲3曲』のひとつに入れてたので
「やった!」って気分。春のもわっとした雰囲気が感じられる曲だと思う。ほんとの春にもまた聞きたいなあ。
あと、あたしは初めて聞いた"町医者"という曲も、うひゃーって思った。迫りくるかんじ。

演奏してるときはめちゃめちゃかっこいくって、"日本一かっこいい兄弟だわ~"って思っちゃいつつも、歌詞のユーモラスさにふと笑ってしまう。ウニとか!いくらとか!
曲と曲の間のお喋りのゆるゆるしたムードもたまらなく楽しい。

大好きな"ベガ"もまた聞けたし、アンコールの"ギンヤンマ"(チェロ入り)も素敵だった。
それと、帰ってきてから何度も聞いているのが"ピクニック"。この日の演奏を聞いたら、よりいっそうこの曲を好きになったみたい。

会場で売ってた、4月のワンマン at UNITのチケット買うたよ~ くふふ
いま発表されてる2月のキセル出演イベントにはたぶん行けないので、もう春が待ち遠しいです。
[PR]
by lookingglass | 2006-02-02 20:53 | Kicell
<< うーわ BUMP OF CHICKEN... >>