Top
数年前の自分の行動を知るところ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
"メゾン・ド・ヒミコ"
去年の11月に飯田橋ギンレイホールのシネマクラブ会員になった。
いまのところ観に行くのはほとんど土日だけれど、今日はいつもより少々早めに退社して行ってみた。

『メゾン・ド・ヒミコ』を見るために、だ。

この映画を見るのは二度め。
秋頃の公開時に別の映画館で見た(※ギンレイは一般の映画館より遅れて作品を公開するのです)。そのときは「なんだかよくわからないなあ」というのがあたしの感想だった。
いま思うと、監督と脚本家の前作(ジョゼと虎と魚たち)の印象のまま、主要登場人物の沙織と晴彦との恋愛が中心のお話なのかなと勝手に考えていたからだと思う。

なのに、どうしてわざわざ二度めを見に行ったのかというと、ギンレイの上映スケジュールが書かれた小冊子(ギンレイ通信)で、この映画の脚本家、渡辺あやさんの文章を読んだから。

(ここでその文章を転載するのはよくないと思うので)ほんとうに簡単に言ってまうと、渡辺さんはこの映画で「ムーミン谷」のような場所を描きたかったようです。

その文章を読んだら、この映画に対してとつぜん納得がいった。
そして、このことを知ったうえでもう一度見たい、と思ったのでした。

程度の差はあれ、たいがいは生きづらそうな登場人物たちとか。
それでも面白味があるエピソードの数々とか。

とくに好きなシーン
・メゾン・ド・ヒミコの住人達がお盆の夜に皆で歌うところ。

・最後のほうのバス停まで歩くときに沙織が泣いたところ。
全体を通して(本来はすんごい美人なのに)ブスな表情全開の柴咲さんが、とりわけ可愛く見えたシーンでした。
ディスコで喧嘩する沙織も可愛かったなあ。


----------------------------------------------------------------------------------------------
『ジョゼと虎と魚たち』も、また見てみようかなという気持ちになりました。
公開時には、あんまり苦しいのでもう見たくないと思ったくらいに泣いて、それからもテーマ曲のハイウェイ(くるりの曲)を聞くたびに条件反射で泣いてしまう。
大好きだけど、もう見たくない映画になっていた。でも、今ならまた違った感想を持つかもしれない。


メゾン・ド・ヒミコ公式サイト
[PR]
by lookingglass | 2006-01-26 23:59 | Others
<< BUMP OF CHICKEN... "うつくしいとおもう... >>