Top
数年前の自分の行動を知るところ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
It' a beatutiful day Camp in 朝霧Jam (1)
What a beautiful day!

なにから書けばいいのか分からないほど、ずっと楽しくて幸せでした。
一緒に行ってくれたお二人、現地で一緒に過ごしてくれたお二人+お二人に、とってもとってもありがとう。

□1日目(10/1 sat.)
かなり早い時間に駐車場に着いた。にもかかわらず、すでにけっこうな列。
リストバンドをもらう→会場へ→キャンプサイトAにテントを

うれしいほどの晴天、暑いくらいに強い日差し。

ひといきついて、まずはお昼ごはん。
一食目は塩やきそば!富士宮やきそばは麺が固めで大好き~。
フジでも朝霧食堂が出店しているけれど、朝霧で食べたほうがやっぱりおいしい気がする。
飲みものはキャラメルミルク(朝霧の牛乳+キャラメルフレーバーのシロップ)。
デザートにシフォンケーキのちいさなパフェも☆

そして、スペシャルメニューの サ ソ リ 。友達が買ってくれた。
サソリの丸揚げ。よく見ると毛羽立ってるところがかなりイヤでした。
キャーキャー騒ぎながら、みんででちょびっとずつ回し食べ。
手足部分はサクサクしていて意外に食べられます。揚げた蟹とかに近い(やや苦しい)。
問題は、胴体・・・全体的にはらわた味というか・・・ほろにがというか・・・
手足がなくなると昆虫ぽくてさらにイヤンな見た目になっていた。

その後、お友達のお友達がBサイトで鍋をやっているとのことで、ちょびっとおじゃましに。
男の子はやっぱりパワフルだ-。おいしかったです!ありがとうございました。

Ohana
ワオ!
オフィシャルサイト同様、派手な衣装の3人が歌い踊る。
「セクシー担当」(お色気、だったかも)の郁子ちゃんがとーっても可愛かったです。
投げキッス…じゃなくってお客さんに向かって「バーン」と手の銃で撃ったんだっけ?に悩殺された方も多かったのでは?
オリジナルと、おそらくカバー曲もありの楽しい時間。
あえていえば永積さんがリードボーカルをとっていることが多いような気がした。
あと、たぶんね、最後の曲はオオヤさんが作ったんじゃないかなって思いました。

「キテル」バックバンドも、茂木「キテル」欣ちゃんをはじめ、みんな格好よかった!

楽しかった~。またライブを見たいな。

MO'SOME TONEBENDER
(唯一)ガツガツ見ようと決めていたアクトなので、Ohanaをかなり前方で見たままモーサム待ちに突入。予想どおり、難なく最前列ゲット。ううむ…(不安)
このままじゃサマソニ以上にお客が少ないんじゃないの?と思いながら待つ。

スタート前にはお客さんがかなり集まっていました。

そして、予想外にライブはモッシュしまくり!

モモさんの第一声
「ハロー朝霧ジャーンキィィィィ」(たぶん)
妙に印象的だったのが
「まだ一滴も飲んどらんよ」

例によって、やった曲をほとんど覚えてません。hang songが最後だった。
最初の、聴いたことがないなあと思った曲はGANG OF FOURのカバーだったようです。
ライブ中は、目の前にでてきてギターを弾きまくるモモさんに終始目を奪われてました。
じつにいい場所だったわ…
タケイさんも朝霧を気に入ったごようす。しみじみと富士山を見つめる表情が男らしかった。
あ、衣装は普通にシャツとパンツでした。

ううむ…(感嘆)11月のワンマン行こう。

STS9までの間は、テント周辺でFLOGGING MOLLYの演奏を聞きながら、ココアを飲んだりお菓子を食べたり。

そのうちに全員が戻ってきた。
のはいいけど、どうもみんなが不穏な動きをしてる…こそこそ話したり…テントにこもったり…
なにより、もうすぐSTS9が始まるのにステージのほうへ行こうとしない(正直、先に行っちゃおうかとも思った)

と思っていたら

テントから出てきた友達の手には、ロウソクと「28才おめでとう」プレートがのったケーキ。
なんと、ちょっと早めにあたしの誕生日をお祝いしてくれたのでした。
皆が歌ってくれたハッピーバースデイ(近くにいた人たちも歌ってくれたみたい)とか、手作りのケーキとか、シャンパンとか、たぶんさっき買ってくれた朝霧Jamのトートバックとか

なにより、みんなの気持ちがとてもとても嬉しかった。

どんな顔すればいいのか分からないくらいびっくりした。ほんとうにありがとう!

嬉しくおどろいたまま、(飲めないのに)シャンパンが入ったコップを手にステージのほうへ。

STS9
ただただ気持ちよかった。
終盤のほうでDrms.のかたがステージ前方に躍り出てきて、とびはねながらお客をあおって(?)いました。
そのあと自分の位置に戻ってすぐ叩いても、リズムが狂わないのね。改めてすごいと思った。
これはできれば定期的にライブが見たいくらい。お願い、日本に住んで!

サイン会にすっかりつられて、持ってなかった最新作をその場で購入。
待ってるあいだ、岩盤ブースのお隣のお店の関係者らしきお子さん(3歳くらい?)と少々交流。
あたしが持っているSTS9のCDを「見せて~」(見せた)「これ、本?」と。
違うよ、CDだよ~(意味がわかってないようす)音楽がきけるのよ~。

そうこうしている間にメンバーが登場。近くでみたら予想外に(失礼)かっこよかった!
サインは全員が書いてくれました。ぎゃー。
最初にDrms.のかたが書いてくれました。
「一昨年のフジにも行ったんです」って言ったら、「雨がふってたよね」と答えてくれたようです。
ようです…ていうのはですね、じつは近くにいたスタッフのかたにほとんど通訳してもらったのです。
Bass.のかたも話す前からニコニコしてくれて、あたしが握手してもらおうか躊躇したら、自分から手を出してくれた。うううれしかったです。うれしかったです!

10/3のクアトロでのライブも行きたかったなあ。
「Please come back again soon!」
通訳してくれたスタッフさん、ほんとうにありがとうございました。

string cheese incidentが始まる前に、LOTUS CAFEでカフェオレを買う。
奥のほうのソファが空いていたので友達と入っていったら、すぐそばのテーブルにほかの3人がいた。
合流しておしゃべりしている間に演奏が始まる。

うーん、ステージのほうへ行きたいけど、疲れちゃってて動きたくない。
しばらくたってから、ようやくステージのほうへ。
でもナワニハチのシチューごはんを食べてみたり、トイレに行ってみたり。
しかも途中でテントに戻ってしまった。ステージが見えなくても聞ければいいかって思って。
すごく好きな部分とそうでもない部分が混在していた。あたしは歌なしのほうが好きだなあ。
アンコールやったね-!気前いい!

テントでしばらく飲み。あたしはほぼ寝転がってました(お行儀わるし)。
ねむいね-たのしいね-

そのまま眠っちゃいたいのをこらえつつ。

24:00~キャンプサイトBの奥地、キャンプよろず相談所へライブペインティングを見に行く。
ジャンベかっこよかったよ!(←超私信)

行き帰りの合間、歩きながら見た空がとてもきれいだった。
冬の星座のイメージだったオリオン座が驚くほどはっきりと見えた。

眠さに耐えきれず、映画はあきらめて25:30頃?就寝。2日目に続きます。
[PR]
by lookingglass | 2005-10-04 20:49 | FESTIVAL
<< It' a beatu... 朝霧高原より >>