Top
数年前の自分の行動を知るところ。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZO(8/20 sat.)
起きてみると、やはり今日もさえない空模様。雨が降ったりやんだり。とほほ。
雨に降られるのは昨日でほとほとイヤになったので、かなりゆっくりめに会場に行くことに。

14:00頃にごはんをご馳走になりました。おかあさんのごはん!とてもおいしかったです~

ごはん後、そのまま高校野球観戦。
決勝戦、しかも北海道代表が戦っているってことで、つられて集中してテレビを見てしまう。
結果、駒大苫小牧が優勝!
あたしまで思わず泣きそうになっちゃった。高校野球って青春ね-。

そして、今にも雨が降りだしそうな天気のなか会場へ。
駐車場に着いたとたん雨が本降りになった。
でも今日はばっちり準備してきたもんね!(やりすぎ)

反対方向に向かう人々との服装の温度差(みなさんやけに軽装)に疑問を感じつつ、歩く。
入場ゲート付近に着いたあたりで
うわぁ この音!
フィッシュマンズが始まっちゃった!

fishmans
最初に歌ったのは、郁子ちゃん(from クラムボン)。
"weather report"
バイオリン。音が広がる。なんていい気持ち。

そして、欣ちゃんと郁子ちゃんの会話で、夕暮れが見えたことに気付いた。
さっきまで曇りだったのに!

"ナイトクルージング" ハナレグミ 永 積 タ カ シ !
いちばん泣いた。

"頼りない天使" UA
あたしの周りの人口密度がぐっとあがる。さすがというかなんというか。

"MELODY" 忌野清志郎
COM'ON ROCKERS!
なんてぴったりの曲なんだろう、と思った。
音楽はマジックをよぶね。ほんとうだね。

"いかれたBaby" 今までの4人+ビッケ

いまここにいる人の多くが、たぶん一人の人のことを思っているのだろう
そう思ったら、また涙がでてきた。
やっぱり、行ってよかった。

いろいろな気持ちでいっぱいになってしまい、ASA-CHANG&巡礼をすっかり忘れて見逃す。
昨日会えなかった友達にもようやく会えて、ごはんを食べに行った。

ホクレンのブースでは焼肉(たぶん羊肉)もできるのね。
なぜか、リゾット(つうか野菜スープかけごはん)と豚汁、という訳のわからないチョイスをしてしまう。
+友達がわけてくれた蒸しじゃがいも。汁と炭水化物だらけ。

EARTH TENTで真心ブラザーズを2曲ほど見た。
始まる前から沢山のお客で入場規制になっていたので、横から見物。
外のモニターの前にも、映写会のようにたくさんの人が座っていたよ。

ちょうどEARTH TENTから去ろうとしたら、花火!
近くに見えすぎて怖いくらい。とてもきれい。
ちょっとした花火大会くらい(いいすぎ?)にたくさん打ち上げられていた。

グッズ売り場を見に行く。
昨日の出演者のグッズも売ってた。まだあったので、ブンブンのTシャツ(黒)をうっかり購入。
背中にラフな目玉の絵+MOMENT I COUNTの歌詞がかいてあるデザイン。
キラキラするのがついていて可愛いの☆
RSRのパンフも購入(500yen)。「SHOT YOU!」って・・・なんだそりゃ~
微笑ましくってニコニコ。

SUN STAGEのレジャーサイトに戻る途中で寄り道。

BRAZILIAN GIRLS(from NY)
たぶん、この時点でけっこう時間が押していたのだと思う。
なかなか好みな音でした。ハニーオレを飲みながら最後まで見る。
スカパラのホーンのかたがたが、数曲に参加していました。

BRAZILIAN GIRLSを見終わってからレジャーサイトに戻り、SHARBETSをうっすらと聞きながら少し眠った。なにが違うのかと聞かれると明確には答えられないけれど、JUDEより好き。

約1時間押しで始まったエゴラッピンが終わった、と友達が教えてくれたので、ONJOを見に歩いてゆく。
途中、SUN STAGEとEARTH TENTのあいだあたりで、なにやら人だかりが。
誰かがいるの?と人混みのなかを覗いたら
欣ちゃん!
たくさんの人に囲まれてサインやら写真やらをせがまれているようす。
ステージにいるときそのまんまの笑顔。
ニコニコしながら「ありがとう、すっげーうれしい」と誰かに答えていらっしゃいました。

あたしも話したい、とってもいいライブだったって伝えたい、って思ったけれど、たくさんの人がいたので遠慮。
ともかく、彼が少しでもしあわせでありますように...と心の中で願ってから、REDSTAR FIELDに向かったのでした。

ONJO / Otomo Yoshihide's New Jazz Orchestra featuring Kahimi Karie
説明文どおり、インプロ+ジャズのような音楽。芳垣さんが叩いてました。
ラストの"Eureka"(ジム・オルークの)が特によかった。

SUN STAGEに戻りかけた途中で、またもや寄り道。

GREAT ADVENTURE
終わりかけぎりぎり。
ごきげんな3人組!
前にPVを見たときの印象は「こじゃれたモーサム」(けっしてモーサムがダサいという意味ではありません)。やっぱり好きかも。

こんどこそSUNへ。

ASIAN KUNG-FU GENERATION
あたし、もしかしたらもう興味がないかも...
どうしてかな~。単にこのときの気分かな~。1曲だけまともに聞いてから移動。

ENDS
遠藤さんがソロになってから見るのは初めて。あいかわらずいい声。
そして、平井さんはやっぱりドラムがうまいっ

バナナミルク(美味しい)を飲んだあと、SUN STAGEそばの屋台エリアでカニ汁と焼ホタテを食べた。北海道っぽいわ~。おいしかった!

くるり
終始おちついたムードのライブ。
またDrms.の人が代わってました。シングライクトーキングで叩いてたかた・・・だったっけ?
(そういえばフジのときは誰が叩いてたんだろ)
おまつりワッショイ♪って... 盛り上がらん♪とかとも歌う曲。笑った。
あとは、ばらの花や、新曲もやっていました。
最後にやったブルース(♪血の味がする~ って曲)がいちばんいいと思った。
夜更かしはつらいよ、たしかに。
でも、ここには確実に朝が近づいている。
曇りなりに、空が明るくなっていく。

くるり後はグースカピーと眠ってしまい、気がついたら斉藤和義のライブも終盤になっていた。

朝焼けは見ることができなかったけれど、雨が降らずに終わって、よかった!
[PR]
by lookingglass | 2005-08-23 18:26 | FESTIVAL
<< Polaris "U... RISING SUN ROCK... >>