Top
数年前の自分の行動を知るところ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
FUJI ROCK FESTIVAL '05 まとめ (7/31 sun)
(太字はぜんぶ観たアクトです)

今日は友達二人が来る日。まず、一人が7:30頃にツアーバスで到着。
ツアーバスって夜行だけど、いわゆる夜行バスの車輌ではなくって、ふつうの観光バスみたいなのなんだって!つらそう~

まずは彼女たちからスタートでしょう!いそいそとホワイトステージへ向かう。

っとその前に、キャンプよろず相談所でちょうど友達が絵を描いていました!
天気に悩まされていたようですが、最終日にとうとう実行されたのですね。
天気もよくって、目の前でどんどん大きな絵ができていく。
見れてうれしかったです。

あふりらんぽ
どっちかが持って登場した「Naeba」(雪山)ポスター、ホテルの部屋に飾ってあったのとおんなじ☆持ってきたんだね-。

タイムテーブルに『あふらりんぼ』って書いてあって(しかも2箇所)、あふらりんぼだったっけ?ずっとまちがえて覚えてた?と思ったら
いや、やっぱり『あふりらんぽ』でした。
最後に「あふらりんぼ じゃなくて あふりらんぽー!!!」って言ってたもんねえ。

ソニックユースの前座で初めて観たときほどの衝撃はうけなかったものの、
衝動!可愛い!そしてポップ!あれ?違う??

終わったあと、道行く男のこたちが
「化粧さえしてなきゃ可愛いのに」
と言っているのが何度か聞こえた。うふふ。

友達を迎えに場外のリストバンド交換所へ。
このころは天気がよくって、「今日はこのまま晴れるのかな?」と思っていた。
きっと今日帰るのでしょう、大きな荷物を持って歩いていく人達もちらほらいて、さぞ名残惜しいだろうなあ...と思いました。

このへんで、すでに気はそぞろだったりします。

アバロンでグリーンカレーを食べたあと、アバロンとホワイトのあいだの道のわきに座って
ソウルフラワーユニオンをちょこっと聴いた。盛り上がってたなぁ~。

その後もホワイトステージに居続けますよ-。

Athlete
Doves
じつはふたつとも全く聞いたことがなかったのですが、楽しかったです。
正直、へんなのじゃなくってほんとに助かった・・・楽しい時間をありがとう。
どちらのバンドも楽しそうに演奏していて、フジのことも気にいったように見えました。
たしか、Dovesのかたが「おれらを見るより、この景色をみて。楽しんで」っていうふうなことを言っていたと思う。素敵なこと言うねえ。

そんで、待ちに待った
BOOM BOOM SATELLITES
別記事にしたので省略。ラブ!

体力を消耗したので、またもアバロンへごはんを食べに。
このころはかなり雨が降っていた。お店のカウンター(?)でタイラーメンを食べる。
屋根のありがたみを痛感。

タイラーメンを食べながら聞こえてきたのが
○犬式
前にブンブンとの対バンで見たときよりよさげに聞こえた。
ごはん後、ステージを見に行った。
ボーカルの人の声がわりかし好き。
でも途中でごめんなさい。マーズボルタ見るの。

またもアバロンとホワイトのあいだの道のわきで、おもに観客を見つつ
○The Mars Volta
好きとも嫌いとも判断しがたい・・・なんというか、のりどころもイマイチつかみきれない・・・
前方のお客さんもじっと聞いているように見える・・・
とか思いつつ、うーんもう少し、もう少し聴きたい。
食べてもおいしいかまずいか分からなくって、確かめてるうちに気づいたら完食?みたいな?

一緒に見ていた友達(大学の後輩ちゃん)に「それは好きってことですよ~」と言われる。そうなのかしら。
それにしても強い。タフな音楽だと思う。切れ間ないしね!

迷いつつも、最後までは聞かなかった。ヘブンへ向かう。

○Soulive
期待していたとおり!
雨も小降りになって、JUNEさんのキャンドルを今年もじっくりと見ることができた。
気持ちいい音楽。きれいなキャンドル。
終盤~アンコールは前のほうまで行ってみました。
みな気持ちよさそうに踊ってて、いいムード。うん、楽しかった~!

Soliveを最後まで観たあと、ホワイトステージへ。
○Sigur Ros
疲れていたので、聞きながらもうとうとしてしまった。無念。
うとうとしつつも、まるで物語のように美しいステージだと思った。
声すら、ひとつの楽器のよう。

薄い布の幕がひかれ、ステージが終わる。
アンコールが見たいような、このまま終わってほしいような気持ち。
拍手に応えてご本人たちが出てきて、演奏はせずに挨拶をして終わり。
この終わりかたもまた素敵だと思った。余韻が消えないもの。

そしてグリーンへ。

○PRIMAL SCREAM
Rocksの前後あたりから。
実は、もう帰って眠ろうかと考えたくらいにへとへとだったのだけれど、やっぱり止まらない!
最後までしっかり観る。
ボビーって、ほんとに「ロックスター」って言葉が似合うと思う!

今年のフジで夜のグリーンステージをじっくり見たのはプライマルが初めてだった。
照明の派手さなんかも含めて、グリーンはやっぱり華やかだなあと実感。

Movin' on Up も聞けて、とてもうれしかった!
しかもアンコール(だっけ)ではJがゲスト参加!!
ケヴィンとのモサいツーショットに悶絶。かかかかっこえええ-!!!
いやー、いいもの見た。

----------------------------------------------------------------------------------------------
Barksより
●FUJI ROCK FESTIVAL’05 来場者数
7/28(木)前夜祭15,000人
7/29(金)35,000人
7/30(土)40,000人
7/31(日)35,000人
延べ12万5,000人
キャンプサイト利用者1万6,000人(テント設置数7,000張り)
[PR]
by lookingglass | 2005-07-31 23:58 | FRF
<< Candles at Heaven FUJI ROCK FESTI... >>