Top
数年前の自分の行動を知るところ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
原田郁子 at 九段会館
1/29のライブがあまりにもいいと思ったので、会場で次の日(1/30)のチケットを買ってしまいました。

昨年秋のライブと違うところは、バンド編成ということ。
メンバーは、グランドピアノを弾く郁子ちゃんに加え
ミナチン(と紹介されていた)さん(たぶん様々な機材←手元が全く見えなかった)
オオヤさん(from Polaris)(ギター)
坂田さん(from Polaris)(ドラム、パーカッション)
TOKIEさん(ベース)
TOKIEさんはウッドベースでした。

最初に演奏した『鳥の羽 鳥の影』が、アルバムとは違ってバンド!っぽい演奏だった(ジャズっぽいともいうのかな)ので、全体的にこういうふうにアレンジを変えていくのかと思いましたが、そのあとはピアノ弾き語りや、アルバムのままの演奏もたくさんありました。

弾き語りでは、郁子ちゃんが好きな曲のカバー。
29と30では少し選曲が違いました。
おそらくどちらの日にも演奏した、原マスミさんの『ピアノ』という曲がとくに素敵だと思いました。
「はらますみ」さんと聞いて、よしもとばななさんの本の挿画のあの人だとはすぐには思わず、帰ってきて確認してみました。『ピアノ』は、『イマジネイション通信』というアルバムに入っているようです。
あとは空気公団や、おおはた雄一さん(ご本人が登場してギターを弾いていました)の曲など。

郁子ちゃんの演奏は、「ピアノをコントロールする」というよりも「ピアノとお友達」というような。
『かじきつり』では、なんだか保育園の先生のように思えたりも。お客が生徒で。

両日ともステージ全体が見える席だったのですが、とくに坂田さんの演奏にくぎづけになってしまいました。
静かな曲での落ち着いた音も、『たのしそう かなしそう』での細か-いリズムも。
こんなに音が好きだなあと思ったドラマーさんは久々です。見れて嬉しい!


あああ、ピアノひけるようになりたいなあ。
春になったら習いに行こうかな。

…なぜ今すぐではないのか。
まず、ピアノ(もちろん電子ピアノ)を買うところから始めなくてはならないからです。
5万円くらいのもあるみたい。要検討。
[PR]
by lookingglass | 2005-01-30 23:59 | MUSIC(-'07)
<< 信じられないはなし 生ピアノ☆生バンド☆生ジュース! >>