Top
数年前の自分の行動を知るところ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ふりかえり:True People's Celebration 2004
2004年夏フェス最終。2年ぶりのTPC。会場は秩父ミューズパーク。

荻窪駅集合→友達の車で秩父へ。
わりと早く着いた。2時間半くらい?
ミューズパーク内にはいくつか駐車場があった。TPCの会場からは徒歩15分程のところに駐車できた。よかったよかった。

入場ゲートの近くで秩父JAが屋台を出していた。あたし、鮎の塩焼きに釘付け!
もちろん後で食べました。

基本的に屋台は会場外にあって、数は少ない。
でも、たべものを買うために恐ろしく並ぶということはない。
お客さんもそんなに多くはないから。

ステージは野外で、途中までは屋根があるようなつくりだった。
ステージから見て右手に、DJブースが作られていた。
日比谷野音のようなところで、半分くらい屋根がついているようなかんじ?か?
後ろのほうは千枚田のように段になっている芝生エリアで、そこにはテント設営可。
雨が降ったりやんだりの天気だったので、ぎりぎり屋根がある席に座る。

メインステージのほかに、ちょっと離れたとこに小さなステージ(?)があったらしい。
いちど行こうとしたけれど、場所を間違えていたのか、少し歩いてもそれらしき音さえ聞こえてこないので、諦めた。いったいどこにあったんだろう…

トイレは一度も待たずに入れたし、仮設じゃないから快適だった。

2年前のTPCでも最高に素敵だった mediski,martin&wood を観たくて行ったのですが、今回も期待どおりによかった!
トリじゃないのにアンコールに応えてくれたし。

あと、calmを初めてきちんと聞いた。Farr名義ですが。
DJで好きなひとがまだあまりいないのですが、気持ちよかったです。
ご本人も楽しそうにやっていて、いいなぁと思いました。

最後のtabra beat scienceでは、ステージ上にもステージの後方にも
たくさんのキャンドルが灯されていて、それはそれはきれいだった。





今年のTrue People's CELEBRATIONでは、会場の外で売っていたモロッコ風(だったか?)ウインナ-を食べた。
モロッコじゃなかったかも?
とにかく、生っぽい巨大なウインナーをその場でジュージュー焼いてから、棒にさしてくれるのだ。
もとが生っぽいから、焼けるのに時間がかかる。
なので、列がどんどん長くなっていく。
外国人のオニーサンがひとりで頑張って焼いていたので、少しでも負担をへらしたろ-と思い
「串にささなくていいですよ」と言ったら、なぜか1本オマケしてくれた!
ありがたくいただき、友達におすそわけしつつ満喫。
あのときのオニーサン、ありがとう!!
[PR]
by lookingglass | 2004-09-05 23:59 | FESTIVAL
<< Polaris at 日比谷野... ふりかえり:METAMORPH... >>